『六本木アートカレッジ』特別編に遠山正道、南條史生、舘鼻則孝、目ら22人

トークイベント『六本木アートカレッジ スペシャル1DAY』が、3月21日に東京・六本木のアカデミーヒルズで開催される。

『六本木アートカレッジ』は、アカデミーヒルズが「自分にとっての『アート』とは何か?」を考える機会を提供するイベントシリーズ。「自分と、アートと、ビジネスと。」をテーマとした今期は、遠山正道(スマイルズ)が企画、監修を担当している。

『六本木アートカレッジ』の特別版として年に1度開催される『六本木アートカレッジ スペシャル1DAY』は今回で8回目。アート、デザイン、食、サイエンスなど10のトークセッションを展開する。

登壇者は、遠山に加えて、アカデミーヒルズ理事長の竹中平蔵、中野信子、長谷川祐子、南條史生(森美術館)、石上純也、廣川玉枝、舘鼻則孝、軍地彩弓、松嶋啓介(ACCELAIRE)、石川善樹(Campus for H)、武部貴則、津田大介、大野萌菜美、栗原正己(栗コーダーカルテット)、川口義之(栗コーダーカルテット)、関島岳郎(栗コーダーカルテット)、南川憲二(目)、荒神明香(目)、増井宏文(目)、徳山拓一、ドミニク・チェンの22人。プログラムの詳細はイベントの特設サイトで確認しよう。チケットの予約は現在受付中。

イベント情報

『六本木アートカレッジ スペシャル1DAY』

2019年3月21日(木・祝) 会場:東京都 六本木 六本木ヒルズ森タワー49階 アカデミーヒルズ 定員:600名(交流パーティーは200名) 料金:4,000円 交流会付き5,500円
  • HOME
  • Art/Design
  • 『六本木アートカレッジ』特別編に遠山正道、南條史生、舘鼻則孝、目ら22人

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて