『Coyote』特集の完全版『安西水丸 おもしろ美術一年生』 村上春樹ら寄稿

ムック本『Coyote SPECIAL ISSUE 安西水丸 おもしろ美術一年生』が、3月15日に刊行される。

イラスト、漫画、エッセイ、絵本、俳句など多岐にわたって活動し、2014年に逝去した安西水丸。『Coyote SPECIAL ISSUE 安西水丸 おもしろ美術一年生』は、2016年に刊行され、完売した雑誌『Coyote no. 58 特集 安西水丸』を再編集し、新たなコンテンツを追加した「完全版」となる。

同書には、安西水丸の教えを解説する「何を描けばいいの?」、7セクションにわたる誌上特別授業「どう描けばいいの?」といった企画に加え、安西が手塚治虫の『鉄腕アトム』を手本に描いたという『天才ロボット ガンバーロン』など、漫画制作の裏側がわかるコンテンツを新たに収録。

また、村上春樹のエッセイ「水丸さんと最初に出会った頃」、娘の安西カオリによる「父の教え」をはじめ、イラストレーター和田誠のロングインタビュー、平松洋子、荒木経惟、嵐山光三郎、黒田征太郎、南伸坊らが安西の魅力を語る記事も掲載される。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 『Coyote』特集の完全版『安西水丸 おもしろ美術一年生』 村上春樹ら寄稿

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて