堤真一×柳楽優弥×川栄李奈『泣くな赤鬼』特報公開、主題歌は竹原ピストル

映画『泣くな赤鬼』の主題歌を竹原ピストルが手掛けることが発表。あわせて特報映像とポスタービジュアルが公開された。

6月14日から公開される同作は、重松清の同名小説を映画化する作品。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導でかつては「赤鬼」と呼ばれた高校野球部監督の小渕隆が、非凡な野球センスを持ちながらも高校を中退した昔の教え子「ゴルゴ」が末期癌で余命半年と診断されたことを知り、彼のために10年前の甲子園出場を賭けた決勝戦の再現試合を企画する、というあらすじだ。「赤鬼」こと小渕隆役を堤真一、「ゴルゴ」こと斎藤智之役を柳楽優弥、斎藤の妻・雪乃役を川栄李奈が演じる。監督は兼重淳。

竹原ピストルは同作のために主題歌“おーい!おーい!!”を書き下ろし。竹原は楽曲について「映画の中でも存分に描かれるであろう事柄達に野暮な干渉、邪魔をしないように気をつけながら、それでいて、この登場人物のこのときの状況、心境、自分にも身に覚えがあるなぁ。。といううっすらとした接点、共感を見つけて、そこから膨らませて書いた歌です」とコメントを寄せている。

公開された特報映像には“おーい!おーい!!”を使用。鼻にチューブを装着した智之が子供と一緒にベッドに横たわる姿をはじめ、小渕の「癌なんだ。教え子は、もう長く生きられない」という言葉、智之が「俺、また野球やりたいな」と口にする様子、雪乃が目に涙を浮かべる場面、智之と小渕が「泣いてるの?」「赤鬼は、人前では泣かないよ」と会話するシーンなどが確認できる。

またポスタービジュアルには、小渕と智之の姿や、「俺の生徒になってくれて、ありがとう。」というコピーなどが写し出されている。

竹原ピストルのコメント

引きずりこまれるように、すっかり親身になりながら、台本を読みました。
映画の中でも存分に描かれるであろう事柄達に野暮な干渉、邪魔をしないように気をつけながら、それでいて、この登場人物のこのときの状況、心境、自分にも身に覚えがあるなぁ。。といううっすらとした接点、共感を見つけて、そこから膨らませて書いた歌です。
物語をそっとかすめながら、そっと胸に響くような、そんな歌となっていたら嬉しいです。
素敵な作品に歌で関わる機会をいただけて、幸せです。

作品情報

『泣くな赤鬼』

2019年6月14日(金)から全国公開
監督:兼重淳 脚本:上平満、兼重淳 原作:重松清『せんせい。』所収『泣くな赤鬼』(新潮文庫) 主題歌:竹原ピストル“おーい!おーい!!” 出演: 堤真一 柳楽優弥 川栄李奈 竜星涼 キムラ緑子 麻生祐未 配給:KADOKAWA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 堤真一×柳楽優弥×川栄李奈『泣くな赤鬼』特報公開、主題歌は竹原ピストル

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて