横浜流星×飯豊まりえ、河野裕の小説『いなくなれ、群青』映画化 9月公開

映画『いなくなれ、群青』が9月に公開される。

同作は、謎の孤島「階段島」を舞台にした河野裕の同名ミステリー小説を実写映画化するもの。ミステリアスな雰囲気をまとう七草役を横浜流星、誰よりも真っ直ぐで正しく凜々しい少女・真辺由宇役を飯豊まりえが演じる。

監督は、アメリカの高校に在学中の2001年に短編映画で『バッカイフィルムフェスティバル』オハイオ州優秀賞を受賞し、帰国後はカメラマン、映像監督として活動している柳明菜。今回の発表とあわせて原作小説の書影と映画の場面写真で構成されたビジュアルが公開された。

作品情報

『いなくなれ、群青』

2019年9月公開
監督:柳明菜 原作:河野裕『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex) 出演: 横浜流星 飯豊まりえ 配給:KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 横浜流星×飯豊まりえ、河野裕の小説『いなくなれ、群青』映画化 9月公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて