GEZANの初記録映画が6月に劇場公開 カンパニー松尾がプロデュース

ドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』が、6月21日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開される。

2009年にマヒトゥ・ザ・ピーポー(Vo,Gt)、イーグル・タカ(Gt)、カルロス・尾崎・サンタナ(Ba)、石原ロスカル(Dr)で結成されたGEZAN。これまでに4枚のフルアルバムをリリースしているほか、野外音楽イベント『全感覚祭』やレーベル「十三月の甲虫」を主催している。

GEZANにとって初のドキュメンタリー映画となる『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』。クラウドファンディング企画『BODY VUILDING project』で資金を集め、アメリカでのツアーとスティーヴ・アルビニによるアルバムのレコーディングを行なったGEZANを、同作が初監督作となる映像作家の「でるお」こと神谷亮佑が捉えたロードムービーとなる。カンパニー松尾がプロデュース。

出演者にはGEZANに加えて、神谷亮佑、青葉市子、テニスコーツ、原田郁子(クラムボン)、THE NOVEMBERS、行松陽介、UC EAST、imai、踊ってばかりの国、HIMO、呂布カルマ、やっほーらが名を連ねている。

今回の映画化は、アメリカツアーの映像があることを知ったカンパニー松尾が編集してみることを薦めたことがきっかけだったという。あわせてマヒトゥ・ザ・ピーポーがデザインしたメインビジュアルが公開された。

マヒトゥ・ザ・ピーポー(Vo,Gt)のコメント

人はどうして旅にでるのか?
出会いは時に、心地よかった生活を揺さぶる。輪郭を手にした悲しみや怒りはイデオロギーという枠組みを超えて直接、肉体を打つ。
それでも今日も扉を開け、裸足で飛び出していく。さよならの数に追いつかれないように、今日もはじめましてとまた会えたねを積み上げる。
一つ一つ丁寧に生きることしかできないんだ。そうやって旅を続けていく。
問いかけと答えでカバンにいっぱいにしながら。

神谷亮佑監督のコメント

GEZANと出会って8年。一筋縄でいかない彼らの色んな挑戦を見てきた。
2018年春。彼らは300万円自力で集めアメリカに行くという、そんな無謀な挑戦に巻き込まれた。
英語のスキルは小学生レベル。そんな僕らがボディランゲージで異文化とぶつかり、音楽を通じてコミュニケーションしていく中で様々な種類の優しさや葛藤、たくさんの喜怒哀楽の表情に出逢っていった。
僕は、あの、かけがえのない時間の中でただRECボタンを押し続けた。
すべてが必然だったのかも知れない。
このロードムービーが新しい世界を生きようとするあなたにとって、そうであることを願います。

作品情報

『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』

2019年6月21日(金)からシネマート新宿ほか全国で順次公開
監督:神谷亮佑 音楽:マヒトゥ・ザ・ピーポー 出演: GEZAN 神谷亮佑 青葉市子 テニスコーツ 原田郁子(クラムボン) THE NOVEMBERS 行松陽介 UC EAST imai 踊ってばかりの国 HIMO 呂布カルマ やっほー ほか 上映時間:88分 配給:SPACE SHOWER FILMS
  • HOME
  • Movie,Drama
  • GEZANの初記録映画が6月に劇場公開 カンパニー松尾がプロデュース

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて