ターミネーター新作邦題は『ターミネーター:ニュー・フェイト』、11月公開

『ターミネーター』シリーズの新作『TERMINATOR: Dark Fate』の邦題が『ターミネーター:ニュー・フェイト』に決定。11月に日本公開される。

『ターミネーター:ニュー・フェイト』は、1991年の『ターミネーター2』から約30年ぶりにジェームズ・キャメロン、アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトンが集結した作品。『ターミネーター2』のその後の世界を描いた正当な続編になっているという。監督は『デッドプール』のティム・ミラー。

キャストにはT-800役のアーノルド・シュワルツェネッガー、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンをはじめ、マッケンジー・デイヴィス、ガブリエル・ルナらが名を連ねている。

4月4日にアメリカ・ラスベガスで開催されている『シネマコン』にはキャスト陣や監督が登壇し、製作中の本編クリップを披露したほか、同作についてそれぞれがコメントを寄せた。

ティム・ミラー監督のコメント

この作品はジム(・キャメロン)の代表的なヒット作の正当な続編となる。……ほどばしる情熱をスクリーンから感じるだろう。

アーノルド・シュワルツェネッガーのコメント

もちろん、アイル・ビー・バック、アスタ・ラ・ビスタ・ベイビーって言っているよ。他に何があるんだ?

リンダ・ハミルトンのコメント

この脚本、ストーリー、キャスト、監督だったから、私はこのシリーズに戻ってきた。

イベント情報

『ターミネーター:ニュー・フェイト』

2019年11月に全国公開
監督:ティム・ミラー 出演: アーノルド・シュワルツェネッガー リンダ・ハミルトン マッケンジー・デイヴィス ナタリー・レヴェス ガブリエル・ルナ ディエゴ・ボネータ 配給:20世紀フォックス映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ターミネーター新作邦題は『ターミネーター:ニュー・フェイト』、11月公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて