深作欣二の大規模回顧特集、『仁義なき戦い』『バトロワ』など48本上映

特集上映『映画監督 深作欣二』が本日4月23日から東京・京橋の国立映画アーカイブで開催されている。

1961年に『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』で監督デビューを果たし、2003年に逝去した映画監督の深作欣二。同特集では、『仁義なき戦い』シリーズ全5作をはじめ、『狼と豚と人間』『黒蜥蜴』『宇宙からのメッセージ』『蒲田行進曲』『バトル・ロワイアル』など、深作が手掛けた映画、ドラマ作品を45プログラムを上映する。なお、深作の大規模な回顧特集は、2003年に東京・三百人劇場で開催された追悼特集以来、約16年ぶりになるという。

4月27日、5月3日には舞台挨拶を実施。4月27日の『バトル・ロワイアル』上映前には映画監督・深作健太、5月3日の『北陸代理戦争』上映前には脚本家・高田宏治が登壇する。前売券は現在販売中。上映時間などの詳細は国立映画アーカイブのオフィシャルサイトから確認しよう。

イベント情報

『映画監督 深作欣二』

2019年4月23日(火)~5月26日(日) 会場:東京都 京橋 国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU
上映作品: 『風来坊探偵』シリーズ(監督:深作欣二) 『ファンキーハットの快男児』シリーズ(監督:深作欣二) 『白昼の無頼漢』(監督:深作欣二) 『誇り高き挑戦』(監督:深作欣二) 『ギャング対Gメン』(監督:深作欣二) 『ギャング同盟』(監督:深作欣二) 『狼と豚と人間』(監督:深作欣二) 『脅迫』(監督:深作欣二) 『カミカゼ野郎 真昼の決斗』(監督:深作欣二) 『解散式』(監督:深作欣二) 『博徒解散式』(監督:深作欣二) 『黒蜥蝪』(監督:深作欣二) 『恐喝こそわが人生』(監督:深作欣二) 『ガンマー第3号 宇宙大作戦』(監督:深作欣二) 『黒薔薇の館』(監督:深作欣二) 『血染の代紋』(監督:深作欣二) 『君が若者なら』(監督:深作欣二) 『軍旗はためく下に』(監督:深作欣二) 『現代やくざ 人斬り与太』(監督:深作欣二) 『必殺仕掛人』1・2話(監督:深作欣二) 『人斬り与太 狂犬三兄弟』(監督:深作欣二) 『仁義なき戦い』(監督:深作欣二) 『仁義なき戦い 広島死闘篇』(監督:深作欣二) 『仁義なき戦い 代理戦争』(監督:深作欣二) 『仁義なき戦い 頂上作戦』(監督:深作欣二) 『仁義なき戦い 完結篇』(監督:深作欣二) 『仁義の墓場』(監督:深作欣二) 『県警対組織暴力』(監督:深作欣二) 『資金源強奪』(監督:深作欣二) 『暴走パニック 大激突』(監督:深作欣二) 『やくざの墓場 くちなしの花』(監督:深作欣二) 『北陸代理戦争』(監督:深作欣二) 『柳生一族の陰謀』(監督:深作欣二) 『宇宙からのメッセージ』(監督:深作欣二) 『復活の日』(監督:深作欣二) 『魔界転生』(監督:深作欣二) 『道頓堀川』(監督:深作欣二) 『蒲田行進曲』(監督:深作欣二) 『里見八犬伝』(監督:深作欣二) 『上海バンスキング』(監督:深作欣二) 『華の乱』(監督:深作欣二) 『いつかギラギラする日』(監督:深作欣二) 『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(監督:深作欣二) 『おもちゃ』(監督:深作欣二) 『バトル・ロワイアル』(監督:深作欣二) 料金:各回 一般520円 高校・大学生・シニア310円 小・中学生100円 ※障がい者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 深作欣二の大規模回顧特集、『仁義なき戦い』『バトロワ』など48本上映

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて