ショーン・タンの日本初大規模展が開催中 岸本佐知子×柴田元幸の対談も

展覧会『ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ』が7月28日まで東京・上井草のちひろ美術館・東京で開催されている。

1974年にオーストラリアで生まれたイラストレーター、絵本作家、映像作家のショーン・タン。2006年に約5年の制作期間を経て発表されたグラフィックノベル『アライバル』は現在23の言語で出版されている。1999年に刊行された初の絵本『ロスト・シング』の映画版で2011年に『アカデミー賞』短編アニメーション賞を受賞。

ショーン・タンにとって日本初の大規模展となる同展では、『ロスト・シング』から最新作の原画と習作に加えて、スケッチや資料、映像作品、「変な生き物」をかたどった立体作品など約130点を展示。『アライバル』の制作過程も紹介されているほか、会期中にはタン自身からリアルタイムで届けられるドローイングが追加されていくという。

会場では5月24日に刊行予定の書籍『ショーン・タンの世界 どこでもないどこかへ』の先行販売を実施中。

6月29日には、翻訳家の岸本佐知子と柴田元幸による対談『ショーン・タンの世界を語る』を実施。学芸員によるギャラリートークの開催も決定している。詳細はちひろ美術館・東京のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ』

2019年5月11日(土)~7月28日(日) 会場:東京都 上井草 ちひろ美術館・東京
時間:10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで) 休館日:月曜(7月22日は開館、祝日は開館、翌平日休館) 料金:大人800円 ※高校生以下無料
  • HOME
  • Art,Design
  • ショーン・タンの日本初大規模展が開催中 岸本佐知子×柴田元幸の対談も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて