ニュース

『AERA』で2.5次元特集、荒牧慶彦ら登場 表紙はチームラボ猪子寿之

「2.5次元の進化」をテーマにした特集記事が、本日5月20日に刊行された『AERA 2019年 5/27号』に掲載されている。

漫画やアニメ、ゲームといった2次元のコンテンツをミュージカルなどの3次元作品で表現する「2.5次元」。現在の市場規模は150億円以上とも言われている。ミュージカル『テニスの王子様』『刀剣乱舞』のプロデューサーを務める松田誠(日本2.5次元ミュージカル協会)は、2.5次元の魅力を「魔法」だと話し、「好きなキャラクターが目の前に表れて、時には舞台から降りて客席までやってくる。その風を感じた瞬間、魔法にかけられたような気持ちになるのではないか」と語っている。

また、同誌には『刀剣乱舞』シリーズで山姥切国広役を演じる荒牧慶彦のインタビューを掲載。食事中もキャラクターの衣装で過ごすという荒牧の役作りの一端が明かされる。

表紙を飾るのは、チームラボ代表・猪子寿之。嵐の全国ツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』の一部演出を務めるチームラボ。同号のインタビューで猪子は、高校生の頃に意識した「境界(ボーダー)」が、チームラボの一つのテーマだと話している。

このほか、舞台『BACKBEAT』で創成期のThe Beatlesを演じる戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)らのインタビューを実施。イギリス・リバプール訪問時のエピソードや、キャストが徐々に「バンド」になっていく過程について語り合う様子が3ページにわたって掲載されている。

『AERA 2019年 5/27号』表紙
『AERA 2019年 5/27号』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意 1

    ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意

  2. 米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア 2

    米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア

  3. 花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし 3

    花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし

  4. 『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」 4

    『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

  5. 都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ 5

    都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ

  6. 『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント 6

    『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント

  7. 長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント 7

    長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント

  8. アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判 8

    アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判

  9. 平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ 9

    平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

  10. スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子 10

    スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子