ニュース

桜庭一樹×嶽まいこ、辻村深月×今日マチ子、『恋の絵本』シリーズ本日創刊

『すきなひと』『すきって いわなきゃ だめ?』表紙
『すきなひと』『すきって いわなきゃ だめ?』表紙

『恋の絵本』シリーズの刊行が本日5月21日にスタートした。

『恋の絵本』シリーズは、瀧井朝世が企画監修を務める恋をテーマにした新企画。

様々な執筆陣を迎え、「プリンセスストーリー」ではない、多様な恋愛観を描いていくという。

本日刊行されたのは、桜庭一樹の作、嶽まいこの絵による『すきなひと』と、辻村深月の作、今日マチ子の絵による『すきって いわなきゃ だめ?』の2冊。来年には、島本理生の作、平岡瞳の絵による『まっくろいたちのレストラン』、白石一文の作、北澤平祐の絵による『こはるとちはる』、村田沙耶香の作、米増由香の絵による作品の刊行を予定している。

Twitter、Instagramでは『すきなひと』『すきって いわなきゃ だめ?』にまつわる10のキーワードをもとにした「あなたのとっておきの恋」を募集。表現方法はエッセイ、詩、川柳、短歌、写真、イラスト、漫画など自由となり、審査員に桜庭一樹、辻村深月を迎えて「桜庭一樹賞」「辻村深月賞」「岩崎書店賞」を選出する。当選者には直筆サイン本やクオカードがプレゼントされる。詳細は『恋の絵本』の特設サイトで確認しよう。

瀧井朝世のコメント

小さい頃、わたしのまわりには、たくさんの「お姫様が王子様と結婚してめでたしめでたし」という物語がありました。それは遠回しに、女の子は男の子に守られるものだ、富と地位を手に入れることが幸せとなのだ、という価値観を植え付けるものであったのではないかな、という気がしています。
一方、幼稚園や小学校では、「みんな好きな人がいて当然」「好きな人がいるなんてなんだか恥ずかしい」という、矛盾した空気がありました。
だから私は、「好き」をめぐる悩みや疑問があっても、誰にも打ち明けられませんでした。
そんな時に、自分の気持ちに寄り添ってくれ、自分を肯定する一助になってくれるもの――たとえば絵本――があったらよかったな、と今では思うのです。
恋愛を描いた名作絵本はこれまでにもあります。ただ、恋愛観や結婚観、ジェンダー観が変わりつつある今の世の中で、「好き」という素朴な感情を肯定しつつ、現代の感覚に響く恋の絵本があってもよいのではないか。そんな思いから、このシリーズは生まれました。
この人ならそんな話を書いてくれると信頼する作家陣、作家の世界観を豊かなイマジネーションで可視化してくれると確信する画家陣が、参加を表明してくれました。
子どもたちの気持ちの傍らにいてくれるものであると同時に、大人にとっても、今も心の中にある痛みや切なさに響くもの、慰めや励まし、ときめきにつながるものが出来上がったと自負しています。ぜひ、ページをめくってみてください。

『すきなひと』表紙
『すきなひと』表紙
『すきなひと』より
『すきなひと』より
『すきって いわなきゃ だめ?』表紙
『すきって いわなきゃ だめ?』表紙
『すきって いわなきゃ だめ?』より
『すきって いわなきゃ だめ?』より
画像を拡大する(10枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」