向井秀徳、川本真琴、田中貴、山本精一らが「落語」語る 雑誌『Didion』

特集記事「落語の友達」が本日5月24日に刊行された雑誌『Didion 02』に掲載されている。

九龍ジョーが編集長を務め、2017年に創刊された『Didion』。「友達」をキーワードに落語の魅力を伝える同特集では、MC.sirafu、川本真琴、高田漣、田中貴、豊田道倫、直枝政広、向井秀徳、山本精一が語る「お気に入りの一席」や、木村万里、さかがみこずえ、サンキュータツオ、滝口悠生、林伸次、広瀬和生、矢内裕子、山下桃子、山本ぽてと、和田尚久によるエッセイ、リナ&ユカの対談を掲載する。イラストはオオヤヨシツグが担当。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 向井秀徳、川本真琴、田中貴、山本精一らが「落語」語る 雑誌『Didion』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて