岡田准一のアクションシーンを日テレアナが実況 映画『ザ・ファブル』新映像

映画『ザ・ファブル』の新たな本編映像が、松竹のオフィシャルYouTubeチャンネルで公開された。

6月21日から全国公開される同作は、『週刊ヤングマガジン』で連載されている南勝久の同名漫画を実写化する作品。狙った獲物を6秒以内で仕留める天才的な殺し屋「ファブル」が、育ての親であるボスから「1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活すること」をミッションとして与えられ、相棒のヨウコと共に兄妹に成りすまして大阪で暮らしはじめるというあらすじだ。「佐藤アキラ」という偽名で一般人を装うファブル役に岡田准一、ヨウコ役に木村文乃がキャスティング。

公開された映像は『映画「ザ・ファブル」アクション実況特別予告』と題されたもので、岡田准一演じるファブルのアクションシーンをフィーチャー。ファブルが人質を救出しに向かう「侵入編」と、桟橋から人質を助ける「決死のダイブ編」に登場するシーンで構成されており、プロレスリング・ノアやスポーツ実況などでも知られるアナウンサーの菅谷大介(日本テレビ)による実況を収録している。

映像では、ファブルが素手で壁を登る姿をはじめ、菅谷の「鳥か人間か、あるいはスパイダーマンか! それともマリオなのか! あっという間に登って行きました!」という言葉、福士蒼汰演じるフードが「早く出てこいよ!」と挑発する様子、菅谷の「正気の沙汰とは思えません、日常生活ではなかなか聞かない言葉」というナレーション、ファブルが敵から銃を奪って発砲するシーンなどが確認できる。

収録を終えた菅谷は「(収録は)大変でした…! 岡田さんの動きがものすごく速いんです! これをひとつひとつ追っていくと言葉が追いつかない。ただ、見逃せないシーンばかりなので、ぜひ映画館の大きなスクリーンでご確認ください!」と語っている。アクション実況特別映像は今後も制作予定とのこと。

作品情報

『ザ・ファブル』

2019年6月21日(金)から全国公開
脚本:渡辺雄介 原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社『週刊ヤングマガジン』連載) 主題歌:レディー・ガガ“Born This Way” 出演: 岡田准一 木村文乃 山本美月 福士蒼汰 柳楽優弥 向井理 木村了 井之脇海 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 宮川大輔 佐藤二朗 光石研 安田顕 佐藤浩市 配給:松竹
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 岡田准一のアクションシーンを日テレアナが実況 映画『ザ・ファブル』新映像

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて