馬喰町の新ギャラリー「PARCEL」初回展、SIDE COREがキュレーション

グループ展『COMIC ABSTRACTION BY WRITERS』が、7月28日まで東京・馬喰町のPARCELで開催されている。

『COMIC ABSTRACTION BY WRITERS』展のタイトルは、2007年にニューヨーク近代美術館で開催された『Comic Abstraction: Image-Breaking, Image-Making』に由来するもの。『Comic Abstraction: Image-Breaking, Image-Making』展では、ポップアートの文脈からコミック表現を脱却させて、インターネット時代の視覚言語として新たに取り上げていた。

SIDE COREがキュレーションを担当した『COMIC ABSTRACTION BY WRITERS』は、コミック表現を解体し、再構築する「Comic Abstraction」を1つの動向として注目し、取り上げたグループ展となる。参加作家は、トッド・ジェームス、アントワン・オルフィー、ラッセル・モーリス、Zbiok、スタフ・シュムスキ、DIEGOら。

なお会場となるPARCELは、本日6月1日にオープンした新ギャラリー。立体駐車場を改装した空間となっている。

イベント情報

『COMIC ABSTRACTION BY WRITERS』

2019年6月1日(土)~7月28日(日) 会場:東京都 馬喰町 PARCEL 時間:水、木、日曜14:00~19:00 金、土曜14:00~20:00 休廊日:月、火曜、祝日
  • HOME
  • Art,Design
  • 馬喰町の新ギャラリー「PARCEL」初回展、SIDE COREがキュレーション

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて