『POPEYE』映画特集で366本を紹介、ヒロ・ムライ、宇多丸、エライザら登場

特集記事「おもしろい映画、知らない?」が、本日6月8日発売の『POPEYE No.867』に掲載されている。

同特集では、『POPEYE』の映画特集で過去最多となる366本の映画を紹介。36ページにわたる記事「どんな映画が好き?」には、ハーモニー・コリン、ヒロ・ムライ、宇多丸(RHYMESTER)、池田エライザ、Bim(THE OTOGIBANASHI'S)、モーリー・ロバートソン、森達也、藤原ヒロシ、町屋良平、藤原季節ら54人がおすすめの映画を紹介している。

特集内の記事「友だちを呼んで映画を観る日。料理もあるといいね。」には、東出昌大と高良健吾が登場。東出が高良を招いて手料理を振る舞いながら映画について語り合っている。「映画で平成を振り返ろう。」と題する記事では大根仁が31本を紹介。

「『A24』の映画って面白いよね。」では、『ヘレディタリー/継承』『ムーンライト』『レディ・バード』などを手掛ける映画製作会社「A24」に長い交渉を経て取材を実施している。そのほかには「おしゃれな映画は本当に観たほうがいいのか?」「ムービースターの好きな映画。」「どうして映画館に行きたくなるんだろう。」「観ないで語る、新作映画。」といった記事を掲載している。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 『POPEYE』映画特集で366本を紹介、ヒロ・ムライ、宇多丸、エライザら登場

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて