森美術館のSNS担当者が事例&活用術紹介、書籍『シェアする美術』刊行

書籍『シェアする美術 森美術館のSNSマーケティング戦略』が刊行された。

同書では東京・六本木の森美術館によるSNSの取り組みにフォーカス。2017年から森美術館で開催された『レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル』展の事例では、作品が撮影可だったことからSNSにインパクトのある写真が大量にシェアされ、のべ61万人の来場者の集客に結びついたことを成功例として挙げているほか、森美術館が実施しているSNS運用例や、海外の美術館の事例などを紹介する。著者は東京・森美術館のSNS担当者・洞田貫晋一朗。

書籍情報
  • HOME
  • Art,Design
  • 森美術館のSNS担当者が事例&活用術紹介、書籍『シェアする美術』刊行

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて