蓮沼執太フィルの日比谷野音公演&蓮沼主催の京都イベントに多彩ゲスト

蓮沼執太フィルによる音楽イベント『日比谷、時が奏でる』と、蓮沼執太の主催企画『MUSIC TODAY IN KYOTO 2019』の開催が発表された。

『日比谷、時が奏でる』は8月25日に東京・日比谷野外大音楽堂で実施。2部制の公演となり、第1部は蓮沼執太フィルや26人編成の蓮沼執太フルフィルの演奏のほか、ゲストアーティストとのコラボレーションが披露される。第2部は1stアルバム『時が奏でる』の全収録曲を演奏。

蓮沼執太フィルは蓮沼執太をはじめ、石塚周太、イトケン、大谷能生、葛西敏彦、木下美紗都、K-Ta、小林うてな、ゴンドウトモヒコ、斉藤亮輔、Jimanica、環ROY、千葉広樹、手島絵里子、宮地夏海、三浦千明で編成。蓮沼執太フルフィルには池田恭子、石川賢、内田翼、河野絵里花、菅間一徳、たきぐちがめ、田中堅大、松浦知也、宮坂遼太郎、横山千晶が加わる。

また第1部のゲストアーティストには環ROYと鎮座DOPENESSからなるKAKATO、菊地成孔と大谷能生によるJAZZ DOMMUNISTERS、砂原良徳、原田郁子、平山昌尚が名を連ねる。JAZZ DOMMUNISTERSは共作新曲を初披露。砂原良徳は蓮沼フィルのリミックスをパフォーマンスし、原田郁子はクラムボン“ある鼓動”を共演する。

『MUSIC TODAY IN KYOTO 2019』は、8月4日に京都・ロームシアター京都 サウスホールで実施。『MUSIC TODAY』は蓮沼が企画・構成するイベントシリーズで、約4年ぶりの開催となる。

出演者は蓮沼執太、灰野敬二、竹村延和、角銅真実、エレナ・トゥタッチコワ、DJ外出 from 空間現代。蓮沼は新作ソロフォーマンス『TOUCH』を初演するほか、灰野敬二やエレナ・トゥタッチコワとの共同作品を披露する。竹村延和はショートパフォーマンス、角銅真実はソロパフォーマンスを演じる予定。

『日比谷、時が奏でる』のチケット一般販売は6月22日からスタート。『MUSIC TODAY IN KYOTO 2019』のチケットは現在販売中だ。詳細は蓮沼執太のオフィシャルサイトで確認しよう。

なお蓮沼執太および蓮沼執太フィルは『FUJI ROCK FESTIVAL'19』に出演。7月27日に蓮沼執太&U-zhaanで「PYRAMID GARDEN」、蓮沼執太フィルで「FIELD OF HEAVEN」に登場する。

イベント情報

『日比谷、時が奏でる』

2019年8月25日(日) 会場:東京都 日比谷野外音楽堂
出演: 蓮沼執太フィル 蓮沼執太フルフィル KAKATO JAZZ DOMMUNISTERS 砂原良徳 原田郁子 平山昌尚 料金: 前売 A席6,800円 B席4,800円 C席3,800円 スタンディング2,800円 当日 A席7,300円 B席5,300円 C席4,300円 スタンディング3,300円 ※雨天決行荒天中止、小学生以上要チケット、未就学児童無料
イベント情報

『MUSIC TODAY IN KYOTO 2019』

2019年8月4日(日) 会場:京都府 ロームシアター京都 サウスホール
出演: 蓮沼執太 灰野敬二 竹村延和 角銅真実 エレナ・トゥタッチコワ DJ外出 from 空間現代 料金:前売4,500円 当日5,000円
  • HOME
  • Music
  • 蓮沼執太フィルの日比谷野音公演&蓮沼主催の京都イベントに多彩ゲスト

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて