ニュース

建築家×クリエイターが建築の本質と未来語るトーク『TOKYO ARCHITECTURE』

『TOKYO ARCHITECTURE』ビジュアル
『TOKYO ARCHITECTURE』ビジュアル

トークイベント『TOKYO ARCHITECTURE』が、8月2日から3日間にわたって東京・有楽町朝日ホールで開催される。

『TOKYO ARCHITECTURE』は、建築家と様々な分野で活動するクリエイターが「建築の本質と未来」を語り合うトークイベント。モデレーターは建築史家の倉方俊輔が務める。

8月2日は「建築は芸術か?」をテーマに、建築家・美術史家の山名善之と脳科学者の茂木健一郎、「面白がれる これからの仕事」をテーマに建築家の谷尻誠と作家の椎名誠が語り合う。

8月3日は「公共性の未来」をテーマに建築家の乾久美子と小説家の平野啓一郎、「フレームの内と外」をテーマに建築家の大西麻貴と写真家のホンマタカシ。

8月4日は「東京が、見てきたもの。」をテーマに建築家の藤村龍至と漫画家でありコラムニストの辛酸なめ子、「クリエーションと日常」をテーマに建築家の永山祐子とアーティストの清川あさみがトークを繰り広げる。

トークはそれぞれ午前、午後の部に分かれ、定員は各回約700名。チケットは現在販売中だ。詳細は『TOKYO ARCHITECTURE』のオフィシャルサイトで確認しよう。また、社会の進歩と発展に寄与してきた各企業が「まち・もの・ひと」の関わりを伝える写真展『メッセージ 写真展』も同時開催。写真展の入場は無料となる。

倉方俊輔(実行委員長)のメッセージ

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その何を受け継ぎ、新しくすべきでしょうか。本イベントは、このテーマを著名建築家やさまざまな立場のトップランナーと共に議論するものです。今、都市のあり方も、ものづくりの意義も、私たちの生き方・働き方も変革期を迎えています。それらをより良いものに更新できるデザインの素地は、すでに存在しているでしょう。建築は総合です。大切なのは兆しの融合です。今回、社会の進歩と発展に寄与されている企業や教育機関の皆様にも広くご参加いただき、未来を東京から垣間見たいと思います。まち・もの・ひとと関わり、変革してきた建築の次を考える3日間です。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開