ニュース

細野晴臣のベスト盤を星野源&小山田圭吾が選曲 YMOやはっぴいえんども

細野晴臣のベストアルバム『HOSONO HARUOMI compiled by HOSHINO GEN』『HOSONO HARUOMI compiled by OYAMADA KEIGO』がリリースされる。

音楽活動50周年を迎える細野晴臣。両作の選曲は星野源と小山田圭吾が担当しており、細野がソロで発表した楽曲に加えて、これまでに参加したYellow Magic Orchestra、ティン・パン・アレー、はっぴいえんど、SKETCH SHOWなどによる楽曲が収録されている。

8月25日に2枚組CD、9月25日に2枚組アナログ盤がリリースされる『HOSONO HARUOMI compiled by HOSHINO GEN』は全38曲を収録。はっぴいえんど“風をあつめて”をはじめ、ティン・パン・アレー“YELLOW MAGIC CARNIVAL”、細野晴臣&イエロー・マジック・バンド“はらいそ”、小坂忠“ありがとう、HIS“日本の人”、Tin Pan“Fujiyama Mama”、ハリー細野&TIN PAN ALLEY IN CHINATOWN“Firecracker”などがラインナップしている。

また9月25日に2枚組CDと2枚組アナログ盤で同時発売される『HOSONO HARUOMI compiled by OYAMADA KEIGO』は、全34曲が収められる予定。収録曲にはswing slow“GOOD MORNING, MR.ECHO”、HARRY HOSONO & THE WORLD SHYNESS“夢見る約束”、細野晴臣&横尾忠則“HEPATITIS 肝炎”、Haruomi Hosono + Cornelius“METALIC VELOCITY”、Yellow Magic Orchestra“GRADATED GREY”、SKETCH SHOW“Microtalk”、HASYMO“RESCUE”などが並ぶ。

発表とあわせてジャケットビジュアルも公開された。

細野晴臣『HOSONO HARUOMI compiled by HOSHINO GEN』収録予定曲

・しんしんしん / はっぴいえんど
・ありがとう / 小坂忠[ありがとう]
・風をあつめて / はっぴいえんど
・暗闇坂むささび変化 / はっぴいえんど
・あしたてんきになあれ / はっぴいえんど
・風来坊 / はっぴいえんど
・僕は一寸 / 細野晴臣
・パーティー / 細野晴臣
・冬越え / 細野晴臣
・恋は桃色 / 細野晴臣
・CHATTANOOGA CHOO CHOO / 細野晴臣
・絹街道 / 細野晴臣
・YELLOW MAGIC CARNIVAL / ティン・パン・アレー
・Firecracker / ハリー細野 & TIN PAN ALLEY[ハリー細野 & TIN PAN ALLEY IN CHINATOWN (Crown Years 1974-1977 Disc3)]
・蝶々-San / 細野晴臣
・Roochoo Gumbo / 細野晴臣
・Pom Pom 蒸気 / 細野晴臣
・四面道歌 / 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
・ウォリー・ビーズ / 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
・はらいそ / 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
・Firecracker(Yellow Magic Orchestra US ver.)/ Yellow Magic Orchestra
・Simoon / Yellow Magic Orchestra
・Cosmic Surfin' / Yellow Magic Orchestra
・Mad Pierrot/ Yellow Magic Orchestra
・Absolute Ego Dance/ Yellow Magic Orchestra
・スポーツマン / 細野晴臣
・三国志メイン・テーマ / 細野晴臣
・Lotus Love / Yellow Magic Orchestra
・以心電信 / Yellow Magic Orchestra
・エンド・テーマ「銀河鉄道の夜」 / 細野晴臣
・PLEOCENE / 細野晴臣
・日本の人 / HIS
・Omukae de gonsu / 細野晴臣
・Fujiyama Mama / Tin Pan
・GOKIGEN IKAGA 1・2・3 / SKETCH SHOW
・MARS / SKETCH SHOW
・悲しみのラッキースター / 細野晴臣
・僕は一寸・夏編 / 細野晴臣

細野晴臣『HOSONO HARUOMI compiled by OYAMADA KEIGO』収録予定曲

・BALLADE OF AYA / ティン・パン・アレー
・東京ラッシュ / 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
・BODY SNATCHERS / HARRY HOSONO & THE WORLD SHYNESS
・HURRICANE DOROTHY / 細野晴臣
・夏なんです / はっぴいえんど
・シャンバラ通信 / 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
・GOOD MORNING, MR.ECHO / swing slow
・夢見る約束 / HARRY HOSONO & THE WORLD SHYNESS
・ただいま / 細野晴臣
・東京Shyness Boy / 細野晴臣
・ハニー・ムーン / 細野晴臣
・HEPATITIS 肝炎 / 細野晴臣&横尾忠則
・Radio Activety / 細野晴臣
・ノルマンディア / 細野晴臣
・ローズマリー、ティートゥリー / 細野晴臣
・CHOO CHOO ガタゴト・アメリカ編 / 細野晴臣
・ろっかばいまいべいびい(New ver.) / 細野晴臣
・“Sayonara”, The Japanese Farewell Song / 細野晴臣
・THE FIRST ONE IN HEAVEN / 細野晴臣
・Laugh-Gas / 細野晴臣
・PURE JAM / Yellow Magic Orchestra
・ピクニック / 細野晴臣
・RESCUE / HASYMO
・METALIC VELOCITY / Haruomi Hosono + Cornelius
・GRADATED GREY / Yellow Magic Orchestra
・Turn Turn / SKETCH SHOW
・ORGONE BOX / 細野晴臣
・O.K. / Yellow Magic Orchestra
・Microtalk / SKETCH SHOW
・Korendor / 細野晴臣
・STELLA / SKETCH SHOW
・DARK SIDE OF THE STAR -地球の夜にむけての夜想曲- / 細野晴臣
ほか

細野晴臣
細野晴臣
星野源
星野源
小山田圭吾
小山田圭吾
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」