港町が舞台『アッセンブリッジ・ナゴヤ』9月開幕 イ・ラン、山下残ら参加

『アッセンブリッジ・ナゴヤ2019』が、9月7日から愛知・名古屋港、築地口エリア一帯で開催される。

『アッセンブリッジ・ナゴヤ』は、2016年にスタートした音楽と現代美術のイベント。4回目となる今回は、クラシックコンサートや、青崎伸孝、碓井ゆい、L PACK.、折元立身、千葉正也、山本高之による大規模インスタレーションなどを展示する現代美術展『パノラマ庭園―移ろう地図、侵食する風景―』、イ・ランによるライブ、振付家・山下残による新作パフォーマンスなど様々なプログラムを展開する。

イベント情報

『アッセンブリッジ・ナゴヤ2019』

2019年9月7日(土)~11月10日(日) 会場:愛知県 名古屋港、築地口エリア一帯 休場日:月、火、水曜(祝日は開場) 料金:ブリッジパス700円 ※『あいちトリエンナーレ2019』国際現代美術展1DAYパスおよびフリーパス、「名古屋市交通局」ドニチエコきっぷおよび一日乗車券提示で600円
  • HOME
  • Art,Design
  • 港町が舞台『アッセンブリッジ・ナゴヤ』9月開幕 イ・ラン、山下残ら参加

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて