特集上映『現代音楽と日本映画の交差点 1950s-1970s』吉田喜重作品など22本

特集上映『現代音楽と日本映画の交差点 1950s-1970s』が、9月7日から神奈川・川崎市市民ミュージアムで開催される。

同特集では、日本の電子音楽の始まりとされる1950年代から70年代頃の映画音楽にフォーカス。現代音楽と日本映画の新たな表現への探求の軌跡を辿る。

上映作品には同館が収蔵する勅使河原宏監督の『おとし穴』『他人の顔』、小林正樹監督の『怪談(インターナショナルバージョン)』、吉田喜重監督の『煉獄エロイカ』、大島渚監督の『悦楽』など22作品がラインナップ。10月5日14:00の回の『おとし穴』上映後には小沼純一によるトークイベント『映画音楽講座 武満徹の音・音楽の世界』が行なわれる。

上映スケジュールなどの詳細は川崎市市民ミュージアムのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『現代音楽と日本映画の交差点 1950s-1970s』

2019年9月7日(土)~12月1日(日)の土、日曜 会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム
休映日:9月21日、9月22日、10月12日、10月13日、10月26日、10月27日 上映作品: 『カルメン純情す』(監督:木下恵介) 『近松物語』(監督:溝口健二) 『噂の女』(監督:溝口健二) 『おとし穴』(監督:勅使河原宏) 『切腹』(監督:小林正樹) 『太平洋ひとりぼっち』(監督:市川崑) 『砂の女』(監督:勅使河原宏) 『怪談(インターナショナルバージョン)』(監督:小林正樹) 『悦楽』(監督:大島渚) 『他人の顔』(監督:勅使河原宏) 『河 あの裏切りが重く』(監督:森弘太) 『さらば夏の光』(監督:吉田喜重) 『エロス+虐殺』(監督:吉田喜重) 『心中天網島』(監督:篠田正浩) 『煉獄エロイカ』(監督:吉田喜重) 『東京战争戦後秘話』(監督:大島渚) 『儀式』(監督:大島渚) 『戒厳令』(監督:吉田喜重) 『青幻記 遠い日の母は美しく』(監督:成島東一郎) 『卑弥呼』(監督:篠田正浩) 『北村透谷 わが冬の歌』(監督:山口清一郎) 『ざ・鬼太鼓座 デジタルリマスター』(監督:加藤泰) 料金:1プログラムにつき 一般600円 65歳以上・大高生500円 小中学生400円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 特集上映『現代音楽と日本映画の交差点 1950s-1970s』吉田喜重作品など22本

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて