ニュース

さくらももこの漫画『ちびまる子ちゃん』新作が『りぼん』11月号に掲載

さくらももこの漫画『ちびまる子ちゃん』の新作が、10月3日発売の『りぼん2019年11月号』に掲載される。

昨年に逝去したさくらももこ。今回掲載される「ちびまる子ちゃん ハロウィンパーティーをやろうの巻」は、1995年10月29日に放送されたテレビアニメ『ちびまる子ちゃん』用にさくらが書き下ろした脚本をもとに、さくらプロダクションが新たに漫画化した作品となる。カラー含む全23ページで構成。

今回の漫画化は、テレビアニメ用の脚本を自身の手で漫画にしたいというさくらの生前の想いをプロダクションが引き継ぐ形で実現。作画は長年さくらのアシスタントを務めたさくらプロダクションのスタッフが担当した。『りぼん』では今後も『ちびまる子ちゃん』の新作を不定期に掲載していく予定だという。

さくらプロダクションのコメント

さくらは、自身が書き下ろしたアニメ『ちびまる子ちゃん』の脚本を、「漫画」という形でも楽しんで頂きたいと今までにも多くの作品を漫画化してきました。
いつか漫画にして読者のみなさまにお届けしたいと言っていた作品、さくらの気持ちを引き継ぎ、この度りぼん編集部さんのご協力を頂き実現できることになりました。
作画は、長年さくらのアシスタントを務めたさくらプロダクションのスタッフが担当します。
みなさまに、またさくらの笑いをお届けできる喜びと緊張でいっぱいです。どうぞよろしくお願いします!

相田聡一編集長のコメント

このたび、さくらプロダクションさんのご尽力により「りぼん」に『ちびまる子ちゃん』が帰ってきます!
さくらももこ先生がりぼん読者のみなさんに是非読んでほしいと熱望されていた選りすぐりの1作をお届けできます。
温かい笑いに包まれたまるちゃんたちの活躍に乞うご期待ください!

『りぼん2019年10月号』告知ページ ©さくらプロダクション
『りぼん2019年10月号』告知ページ ©さくらプロダクション
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図