飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

映画『シライサン』の予告編とポスタービジュアルが公開。あわせてCö shu Nieの“inertia”が主題歌に起用されていることがわかった。

2020年1月10月から公開される同作は、小説家・乙一としても知られる安達寛高の初長編監督作品。眼球が破裂した死体が連続して発見される事件が起こる中、親友を目の前で亡くした大学生の端紀と弟を失った春男、雑誌記者の間宮が真相を探り始め、やがて「シライサン」の呪いを知るというあらすじだ。端紀役を飯豊まりえ、春男役を稲葉友が演じる。

予告編には主題歌“inertia”を使用。「目が異様に大きな女、捕まったら死ぬ」という言葉をはじめ、染谷将太演じる渡辺秀明が「女はこう言うんだ。私を知っている奴を追いかける、そして殺すんだ」と語る姿、端紀が泣き叫ぶ場面、首に痣のある女性が「シライサンが、来る」と訴える様子、春男が「誰か!」と叫ぶシーンなどが確認できる。

ポスタービジュアルには、「シライサン」が端紀の背後で笑みを浮かべる姿などが写し出されているほか、「目ヲソラシタラ、死ヌ。」というコピーが使用されている。

また、安達寛高監督と中村未来(Cö shu Nie)のコメントが公開。安達監督は主題歌について「死者たちの魂を鎮める愛の音楽だと思いました。中盤、慟哭と重力を思わせる重く静かなる轟音から、宇宙に解放されるような展開に、無上のカタルシスを感じます」と語っている。中村未来は映画について「瑞紀達が慈しむ日常とシライサンの呪いが交わって同化していく様はとても恐ろしいけれど、彼女らの切実な想いと、パズルのピースがはまっていくように進むストーリーに一時も目が離せませんでした。愛をこめて鎮魂歌をつくりました」と述べている。

安達寛高(乙一)監督のコメント

ありがたくも私(乙一)の小説を愛読して頂いているCö shu Nieさんに、映画の主題歌を創って頂きました。
死者たちの魂を鎮める愛の音楽だと思いました。
中盤、慟哭と重力を思わせる重く静かなる轟音から、宇宙に解放されるような展開に、無上のカタルシスを感じます。
私はこの曲を聴く度に、映画の中で死んでいった人たちの人生や、彼らが愛し守ろうとしたものについて考えさせられます。
美しく奥深い世界観に感動!Cö shu Nieの音楽には「宇宙」を感じます。

中村未来(Cö shu Nie)のコメント

こんにちは、安達寛高監督の初長編映画「シライサン」の主題歌を担当させて頂く、“Cö shu Nie”という3人組バンドです。
乙一さんの作品には沢山刺激を貰っているので、今回主題歌を書けてとっても光栄です。
“inertia=慣性”
瑞紀達が慈しむ日常とシライサンの呪いが交わって同化していく様はとても恐ろしいけれど、彼女らの切実な想いと、パズルのピースがはまっていくように進むストーリーに一時も目が離せませんでした。愛をこめて鎮魂歌をつくりました。
安らかに眠れ、いつかまた会う日まで。

作品情報

『シライサン』

2020年1月10日(金)から全国公開
監督・脚本:安達寛高(乙一) 主題歌:Cö shu Nie“inertia” 出演: 飯豊まりえ 稲葉友 忍成修吾 谷村美月 江野沢愛美 染谷将太 配給:松竹メディア事業部
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて