藤原ヒロシの2年ぶり新曲“Time Machine”配信 山下智久出演の映像に起用

藤原ヒロシのニューシングル『Time Machine』が本日10月16日から配信リリースされている。

同シングルはサカナクションが主宰するレーベルNF Recordsからリリース。表題曲の“Time Machine”は藤原ヒロシにとって2年ぶりの新曲となり、モンクレールが10月3日から世界同時発売を開始した藤原がデザインを手掛ける「7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ」のローンチ記念ショートフィルムのテーマ曲として起用されている。映像には山下智久を迎えた。“Time Machine”のサウンドプロデュースはアルバム『slumbers』に続き、渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)が担当。

10月28日には東京・代官山のUNITで開催される音楽イベント『lowpowers with the friends』に出演。藤原はLowPowers編成によるライブパフォーマンスなどを披露する。また11月16日に東京・渋谷ストリームホールで開催される音楽イベント『FUJI-YAMA NIGHT』に出演する。

リリース情報
  • HOME
  • Music
  • 藤原ヒロシの2年ぶり新曲“Time Machine”配信 山下智久出演の映像に起用

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて