アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』来春Netflixで配信 ティザーPV&ビジュアル

アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』が2020年春からNetflixで配信。ティザービジュアルとティザーPVが公開された。

士郎正宗の漫画を原作とする『攻殻機動隊』シリーズの最新作となる同作は、シリーズ初の3DCGアニメーション作品。アクターの演技をキャラクターに反映させるモーションキャプチャー技術などが導入されるという。監督は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の神山健治、士郎正宗原作の『アップルシード』シリーズを手掛けた荒牧伸志。アニメーション制作はProduction I.G、SOLA DIGITAL ARTS、キャラクターデザインはイリヤ・クブシノブが担当する。

ティザービジュアルには、イリヤ・クブシノブが描いた主人公・草薙素子の姿が写し出されている。またティザーPVでは、車から降りた草薙素子が「ノイズがないって素晴らしいわ」とつぶやく様子が確認できる。

なお11月15日から東京・秋葉原の3331 Arts Chiyodaでイリヤ・クブシノブの個展『「VIVID」 Ilya Kuvshinov Works Exhibition』が開催される。

作品情報

『攻殻機動隊 SAC_2045』

2020年春にNetflixで配信 監督:神山健治、荒牧伸志 原作:士郎正宗『攻殻機動隊』(講談社) キャラクターデザイン:イリヤ・クブシノブ 制作:Production I.G、SOLA DIGITAL ARTS
  • HOME
  • Movie,Drama
  • アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』来春Netflixで配信 ティザーPV&ビジュアル

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて