山縣良和によるwrittenafterwardsの野外ファッションショー、上野公園で

writtenafterwardsのファッションショー『After All』が、11月9日に東京・上野恩賜公園 噴水広場で開催される。

ファッションデザイナーの山縣良和が手掛けるレーベルwrittenafterwards。2007年に立ち上げられ、コレクションや展示会、ショーなどを通じて、教育、社会、文化、環境的観点を持ったコミュニケーションツールとしての衣服の役割を提案をしている。

ファッションショー『After All』はアートイベント『UENOYES2019“FLOATING NOMAD”』の企画の一つ。同イベントは日比野克彦が総合プロデューサー、山縣良和がディレクターを務め、「FLOATING NOMAD」をテーマに、多様な国や地域から集まった様々な立場の人々が思い思いの装いで集い、表現や行動を通じてダイバーシティを表わし、交流や学びの場を形作るインクルーシブなアートイベントを目指しているという。

ファッションショーではwrittenafterwardsが昨年から継続して発表している「現代の魔女」をテーマにした三部作の集大成となるコレクションを披露。様々な装いの人々が「浮遊遊動民」のように立ち現れ、イベントのテーマである「FLOATING NOMAD」を体現するショーになるとのこと。

イベント情報

『writtenafterwards Fashion Show “After All”』

2019年11月9日(土) 会場:東京都 上野恩賜公園 噴水広場 時間:17:00~(16:30開場)
  • HOME
  • Art,Design
  • 山縣良和によるwrittenafterwardsの野外ファッションショー、上野公園で

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて