ニュース

斎藤工が紫に染まる 映画『MANRIKI』ポスター&金子ノブアキP主題歌PV公開

映画『MANRIKI』のポスタービジュアルが公開。あわせてRED ORCAによる主題歌“MANRIKI”のPVが公開された。

齊藤工と永野が企画、プロデュースを手掛ける『MANRIKI』は、齊藤工、永野、金子ノブアキ、清水康彦監督による「チームMANRIKI」のプロジェクト。「美」をテーマに人間の闇と光の部分を描く。公開は11月29日。監督は清水康彦、脚本は清水監督に加えて原作の永野が担当。音楽監督は金子ノブアキが務めている。

ポスタービジュアルには、紫色に染まった斎藤工が煙草をくわえながら万力を握る写真を使用。背景には金子ノブアキ、SWAY、永野が顔を寄せ合う様子が写し出されている。

主題歌を担当するのは、金子ノブアキによる新プロジェクトRED ORCA。公開されたPVは紫色で統一されており、映像内では「CRUSH THEM MANRIKI」というテロップをはじめ、斎藤工、SWAY、小池樹里杏、永野らキャストの姿が映し出されている。

また『MANRIKI』についての著名人コメントが到着。コメントを寄せたのは芦田多恵、ヴィヴィアン佐藤、エリック・クー、北村信彦、佐藤佐吉、柴田啓佑、ミヤザキタケル、吉原秀明。

芦田多恵のコメント

現代社会を支配する表層的な価値観と死生観そんな薄っぺらな時代を平然と生きる現代人を成敗するのは天使か悪魔か?
モードを感じる映像の中で繰り広げられる狂気の世界にいつの間にか引き込まれ…MANRIKIの衝撃からもう誰も逃れられない!

ヴィヴィアン佐藤のコメント

万力の動力、電気椅子の電力、そしてエーテル体の霊力。。エネルギー変遷の進化と循環を、集団生活と自意識を本能にもつ滑稽で哀しい人類史を、因果の限りない反復を、88分に圧縮して見せたわ!!!

エリック・クー監督のコメント

Talented Takumi Saitoh continues his journey of creative exploration ... this time he's back as a producer!

北村信彦のコメント

イケてるミュージックビデオの様な変態妄想暴走ムービー!こんな感覚初めてDEATH。

佐藤佐吉のコメント

こんなコワイ映画見たことない。こんなオモロイ映画見たことない。
MANRIKIが全ての「くだらない」や「つまらない」を破壊する。とにかく皆さん、斎藤工には気をつけろ!

柴田啓佑のコメント

何層にも重なるイマジネーションでぶっ壊す強烈なパワー。
視覚で認知した映像と聴覚で受容した音楽、そこから生まれる感情とのアンバランスさ。
『MANRIKI』の「破壊」と「創造」を刮目して欲しい!

ミヤザキタケルのコメント

この世に蔓延る悪しき風習や歪みを、目に見えぬ枷に囚われ道を彷徨う現代人を、万力を用いて物の形を変えるが如くブッ壊す。いや、より良き形へと変革させる。そんな願いが込められた『MANRIKI』及び“チーム万力”なのだと思えた。
その気高い精神があるからこそ、混沌とした世界観においても見出せる勇気が、痛みやリスクなくして変えられない現実が垣間見えてくる。
そして、変革を果たすのはスクリーンの中の彼らではなく、今を生きる僕達なのだとバトンを託された。
狂気の中に希望を孕んだ怪作が今ここに誕生した。

吉原秀明のコメント

個性と才能のカオス。枠にとらわれない人たちが集結し、枠にはまらない作品が生まれた。

『MANRIKI』 ©2019 MANRIKI Film Partners
『MANRIKI』 ©2019 MANRIKI Film Partners
画像を拡大する(1枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性