大橋裕之『音楽』の「完全版」刊行 岩井澤健治、松江哲明ら招くトークも

大橋裕之の漫画『音楽 完全版』が12月9日に刊行される。

2005年から自費出版で漫画家としての活動を始めた大橋裕之。2009年に刊行された『音楽と漫画』に収録された作品『音楽』の「完全版」を掲げる同書には、『音楽』の「エピソード0」となる『プロローグ』、ブルボン小林による作品解説、大橋本人が語る『音楽と漫画の頃』などが新たに追加されている。さらにオリジナル版の『音楽と漫画』と同じく、『ラーメン』『山』『漫画』を収録する。

なお、『音楽』を原作とした同名のアニメーション映画が2020年1月11日から公開。岩井澤健治監督による制作期間7年超、作画枚数4万枚超、71分の手描きアニメーション作品だ。

同書の刊行に合わせ、12月8日には東京・新宿のかもめブックスで大橋裕之のサイン会、12月10日には愛知・三省堂書店名古屋本店で大橋裕之と岩井澤健治監督、映画のプロデューサーを務めた松江哲明によるトークイベントを開催。かもめブックスでは12月8日から『音楽』の原画展示も行なわれる。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 大橋裕之『音楽』の「完全版」刊行 岩井澤健治、松江哲明ら招くトークも

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて