RANZANSTUDIOによる初の都内大規模展 TURNER GALLERY全館使用

展覧会『RANZANSTUDIO Presents』が、12月7日から東京・東長崎のTURNER GALLERYで開催される。

埼玉県の武蔵嵐山町に位置する廃工場を改装し、住居やシェアアトリエ、ギャラリーなど、複数の機能を併せ持ったアートスペースとして活動しているRANZANSTUDIO。

TURNER GALLERYの全館を使用する今回のグループ展では、スタジオメンバーの川角岳大、渡邊庸平、平岡諒、高橋佑基、武田龍に加え、現代美術作家の冨樫達彦が参加。「メンバー同士が各人の独立性を尊重し合う」という態度にのっとり、渡邊、平岡、高橋、武田によるそれぞれの個展、川角と冨樫による二人展が展開される。なおRANZANSTUDIOにとって、東京都内での大規模な展覧会は今回が初。

会期初日の12月7日にはオープニングイベントを開催。詳細は会場やRANZANSTUDIOのオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『RANZANSTUDIO Presents』

2019年12月7日(土)~12月17日(火) 会場:東京都 東長崎 TURNER GALLERY 時間:10:00~18:00(最終日は17:00まで) 参加作家: 川角岳大 渡邊庸平 平岡諒 高橋佑基 武田龍 冨樫達彦 休廊日:日曜 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • RANZANSTUDIOによる初の都内大規模展 TURNER GALLERY全館使用

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて