ハリソン・フォードが相棒犬と北の大地を冒険 『野性の呼び声』2月公開

映画『野性の呼び声』が、2月28日から全国で公開。ポスタービジュアルと予告編が公開された。

1903年にアメリカで出版されたジャック・ロンドンの小説をもとにした同作は、地図の彼方の地を目指して旅する男ソーントンと、ペットとして育ち、数奇な運命からアラスカにたどり着いたそり犬バックの、言葉の壁を超えた友情を描く冒険物語だ。孤独な旅人ソーントン役をハリソン・フォードが演じる。監督は『ヒックとドラゴン』『リロ・アンド・スティッチ』などのクリス・サンダース。

公開された予告編では、吹雪が吹き荒れる山々や氷に覆われた湖などアラスカの風景が映し出され、ソーントンとバックの出会いのシーンや、「この犬は特別な存在だ。幸せな時も、苦しい時も、決して負けない」というソーントンの言葉、雪崩の迫る雪原をそり犬を引き連れたバックが駆け抜ける姿などが確認できる。

ポスタービジュアルには、小舟に乗ったソーントンとバックが波立つ流れの中で先を見据える姿が写し出され、「最強の相棒がいれば―人生は、最高の冒険だ。」というコピーが添えられている。

作品情報

『野性の呼び声』

2020年2月28日(金)から全国で公開
監督:クリス・サンダース 出演: ハリソン・フォード ダン・スティーブンス カレン・ギラン オマール・シー 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ハリソン・フォードが相棒犬と北の大地を冒険 『野性の呼び声』2月公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて