横浜流星が宮本武蔵役 舞台『巌流島』で佐々木小次郎役の伊藤健太郎と共演

横浜流星主演の舞台『巌流島』が7月から東京ほかで上演される。

同作は、宮本武蔵と佐々木小次郎の「巌流島の戦い」を題材に、新解釈、新設定を加えたオリジナル作品。宮本武蔵役を横浜流星が演じるほか、佐々木小次郎役に伊藤健太郎がキャスティングされている。演出は山田和也、脚本はマキノノゾミが担当。東京公演終了後には大阪、愛知、福岡ほかで上演される。開催日程、会場などは後日発表。

横浜流星のコメント

今回「巌流島」で宮本武蔵役を演じさせていただくことになりました。
3年ぶりに舞台に立つことができ、幸せです。とても楽しみで、今からワクワクしています。
これまで、たくさんの方々が宮本武蔵を演じていて、プレッシャーを感じていますが、僕にしか演じることの出来ない宮本武蔵を演じます。
1人でも多くの方々にこの作品が届くと嬉しいですし、お越し下さる方々の期待を裏切らないよう、キャスト、スタッフ共に力を合わせて、圧巻の『巌流島の戦い』を責任を持ってお届けしますので、ご期待下さい。

伊藤健太郎のコメント

この度、「巌流島」で佐々木小次郎を演じることになりました伊藤健太郎です。
誰もが知っている武蔵と小次郎の物語を演じる事がとても嬉しいですし、個人的には殺陣を舞台でやるのが初めてで今からワクワクしてます。
あと、横浜流星くんとは初めましてなので、見てくれる人の心に響く舞台を一緒につくれたらいいなと思います。

イベント情報

『巌流島』

2020年7月~9月
演出:山田和也 脚本:マキノノゾミ 出演: 横浜流星 伊藤健太郎 ほか
  • HOME
  • Stage
  • 横浜流星が宮本武蔵役 舞台『巌流島』で佐々木小次郎役の伊藤健太郎と共演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて