料理と美術の関係問う冨樫達彦『なりかけの本のラフをみんなで見る会』開催

イベント『なりかけの本のラフをみんなで見る会』が、12月15日に東京・新馬場のKAIDO books & coffeeで開催される。

『なりかけの本のラフをみんなで見る会』は、今年2月に富山県・氷見市のHOUSEHOLDで開催されたイベント『シェフ・イン・レジデンス』の報告会。自分が食べたものをすべて写真で記録するプロジェクト「You Are What You Eat」を始め、料理と美術の関係を問う作品を多数制作してきた美術家の冨樫達彦による7日間の滞在制作の様子を、現在制作過程にあるという記録本や写真、映像と共に来場者に共有するという。

イベントには冨樫達彦と、『シェフ・イン・レジデンス』企画者のこいけりか、ラジオ番組『島ラジ藤ラジどっちラジ!!?』を手がける2人組「島ラジ・藤ラジ」が登壇。詳細はイベントのウェブサイトをチェックしよう。

イベント情報

『なりかけの本のラフをみんなで見る会』

2019年12月15日(日) 会場:東京都 新馬場 KAIDO books & coffee
出演: 冨樫達彦 こいけりか 島ラジ・藤ラジ 料金:500円(1ドリンク別)
  • HOME
  • Art,Design
  • 料理と美術の関係問う冨樫達彦『なりかけの本のラフをみんなで見る会』開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて