篠山紀信が広瀬すずを撮影『アサヒカメラ 1月号』「ヌード、やめました。」

広瀬すずが表紙を飾る雑誌『アサヒカメラ 2020年1月号』が12月20日に刊行される。

1987年から毎年『アサヒカメラ 1月号』の表紙と巻頭グラビアを撮影している篠山紀信。令和になって初めて篠山が手掛けた表紙には、野田秀樹作、演出の舞台『Q: A Night At The Kabuki』の稽古中の広瀬すずの姿が写し出されている。33ページにわたる巻頭グラビアには、広瀬すずに加えて、野田秀樹、共演者の松たか子、上川隆也、志尊淳、橋本さとし、小松和重、伊勢佳世、羽野晶紀、竹中直人らが登場。

同舞台について篠山は「流れる曲は『Love of My Life』。不覚にもぼくは涙が止まらなかった」とコメント。なおこれまでの『アサヒカメラ 1月号』には篠山撮影によるヌード写真が掲載されることが多かったが、今回はヌード掲載はなしとなる。

さらに岩合光昭、桜井寛、鈴木理策、高砂淳二、竹内敏信、森山大道、米美知子、ルーク・オザワら128人の写真家がレンズについて語る記事「『神レンズ』は存在するのか?」を収録。

書籍情報
  • HOME
  • Art,Design
  • 篠山紀信が広瀬すずを撮影『アサヒカメラ 1月号』「ヌード、やめました。」

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて