平野紫耀が表紙&巻頭グラビア 神社と寺特集『Hanako』で来年の抱負語る

King & Princeの平野紫耀が表紙を飾る雑誌『Hanako 2020年2月号』が12月26日に刊行される。

『Hanako 2020年2月号』では「幸せをよぶ、神社とお寺。」として、神社と寺を特集。表紙には、灯篭の明かりが灯った神社を背にした平野紫耀の姿が写し出されている。誌面では平野が自身の2019年を振り返り、2020年の抱負を語るほか、カバーストーリー「平野紫耀、詣でる」が掲載される。インタビューで平野は、「ジャニーズJr.の頃は、メンバーの神宮寺(勇太)と岩橋(玄樹)とよくお参りにいきました。“デビューできますように”と神様にお願いして」と述べている。

そのほか誌面では、風水師・李家幽竹と占いエディター・青木良文の対談や、神社検定1級の資格を持つモデル・MARIKOのインタビューをもとに椿大神社、瀧尾神社、湯泉神社、明治神宮、箱根神社、東京大神宮などを紹介。また写真家で鑑定士のemyによる「ご利益たっぷりのコース」や、尼僧5人に悩みを相談するブックインブック「尼さんに聞いてみよう」などが収録される。

Hanako編集部のコメント

夕暮れどきの神社に現れた平野紫耀さん。一般の参拝者も多かったので、フォトグラファーを横に連れながら、参拝の様子を一連の流れで撮影していきました。途中、境内で売店を見つけるとどうやら興味津々の表情。「何か食べます?」と訊くと「いいんですか?…いや、でもなぁ」と迷う平野さん。そうこうしている間に、次のカットの撮影へ。スタッフがその間に甘酒を買って用意しておきました。ひと息ついた彼に手渡すと、嬉しそうに「ありがとうございます!熱い!でも、おいしい!」とひと口、ふた口。その素敵な笑顔も本誌に収録されています。ぜひご覧ください。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 平野紫耀が表紙&巻頭グラビア 神社と寺特集『Hanako』で来年の抱負語る

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて