64歳エキストラが主人公『エキストロ』予告編に大林宣彦、石井竜也ら登場

映画『エキストロ』の予告編とキービジュアルが公開された。

3月13日から公開される同作は、時代劇撮影が数多く行なわれている茨城・つくばみらいのワープステーション江戸を舞台に、エキストラたちの悲喜こもごもの営みを描いたモキュメンタリー。歯科技工士として男手1人で息子を育てる64歳の萩野谷幸三は様々な作品にエキストラとして出演していたが、ある日、1人のエキストラが刑事事件の容疑者ではないかという疑惑が上がるというあらすじだ。萩野谷役に新人・萩野谷幸三がキャスティング。

大林宣彦の語りから始まる予告編では、萩野谷の幼なじみだという石井竜也が彼について語る様子や、寺脇康文が「なんだこの映画は」と言う場面、黒沢かずこ(森三中)が泣き叫ぶシーンに加えて、藤波辰爾、加藤諒、荒俣宏、斉藤由貴ら共演者の姿が確認できる。キービジュアルには「愛か、侮辱か。」というコピーと共に萩野谷をはじめ、キャスト陣の姿が写し出されている。

作品情報

『エキストロ』

2020年3月13日(金)から新宿シネマカリテほか全国で順次公開
監督:村橋直樹 脚本:後藤ひろひと 主題歌:トリプルファイヤー featuring 松崎しげる“天空の覇者~宇宙原始獣ガモゲドラのテーマ~” 出演: 萩野谷幸三 山本耕史 斉藤由貴 寺脇康文 藤波辰爾 黒沢かずこ(森三中) 加藤諒 三秋里歩 石井竜也 荒俣宏 大林宣彦 上映時間:89分 配給:吉本興業
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 64歳エキストラが主人公『エキストロ』予告編に大林宣彦、石井竜也ら登場

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて