広瀬すずが歌唱&吉沢亮が驚愕&堤真一が仮死 『一度死んでみた』場面写真

映画『一度死んでみた』の場面写真が公開される。

父親・計のことが大嫌いな大学生・野畑七瀬を主人公にした同作は、「2日だけ死んじゃう薬」を服用して仮死状態になった計が陰謀によって生き返る前に火葬されそうになったことから、七瀬が計の部下・松岡と共に計を生き返らせようと奮闘する様を描くコメディー。売れないデスメタルバンド「魂ズ」のボーカル・七瀬役を広瀬すず、父・計役を堤真一、存在感がないため「ゴースト」と呼ばれる松岡役を吉沢亮が演じる。公開は3月20日。

場面写真には、黒い衣装を身に着けてマイクを手にする七瀬の姿をはじめ、七瀬と松岡がベッドの上で目を閉じる計を見つめる様子、棺の中に納められた計が下唇を突き出すシーン、嶋田久作演じるワトソン製薬の社長・田辺が2人の女性に挟まれて足を組む場面、七瀬や松岡らが妻夫木聡演じるクラウンホテルの支配人を睨み付けて人差し指を立てる様などが写し出されている。

作品情報

『一度死んでみた』

2020年3月20日(金・祝)から全国公開
監督:浜崎慎治 脚本:澤本嘉光 音楽:ヒャダイン 出演: 広瀬すず 吉沢亮 堤真一 リリー・フランキー 小澤征悦 嶋田久作 木村多江 松田翔太 加藤諒 でんでん 柄本時生 前野朋哉 清水伸 西野七瀬 城田優 原日出子 真壁刀義 本間朋晃 野口聡一(JAXA) 佐藤健 池田エライザ 志尊淳 古田新太 大友康平 竹中直人 妻夫木聡 配給:松竹
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 広瀬すずが歌唱&吉沢亮が驚愕&堤真一が仮死 『一度死んでみた』場面写真

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて