草彅剛が稲垣吾郎と香取慎吾への思い語る『AERA』 撮影は蜷川実花

草彅剛が表紙を飾る『AERA 2020年1月13日号』が、1月4日に刊行される。

1月11日から神奈川・横浜のKAAT 神奈川芸術劇場で上演される舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』で主演を務める草彅剛。同号のカラーグラビアのほか、インタビューページに登場している。撮影は蜷川実花が担当。

インタビューで草彅は、「感情の浮き沈みが激しい役柄」を演じるという『アルトゥロ・ウイの興隆』や、自作曲を弾き語りで披露したイベント『草彅剛のはっぴょう会』、ユースケ・サンタマリアとの新番組『なぎスケ!』、約2年前に始めたYouTube番組に加えて、共に「新しい地図」として歩む稲垣吾郎、香取慎吾などに言及。稲垣、香取については「『2人ともすげーなー』って思いながら見てます」と語っているとのこと。

また同号では、稲垣吾郎がディレクションする東京・銀座の飲食店「BISTRO J_O」「J_O CAFE」の取材記事を掲載。BISTRO J_Oの看板メニュー「想い出の手長海老バヴェッティーネ」や、J_O CAFEのJ_O暖ハンバーガー、香取慎吾によるアート作品やキャラクターなどにフォーカスしている。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 草彅剛が稲垣吾郎と香取慎吾への思い語る『AERA』 撮影は蜷川実花

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて