ニュース

崎山蒼志が主演&主題歌、枝優花監督のドラマ『スイーツ食って何が悪い!』

崎山蒼志がドラマ『スイーツ食って何が悪い!』の主演を務めることがわかった。

1月14日にTOKYO MXで放送される同作は、自分の枠に閉じこもる主人公・角田が、予備校で出会ったアオ、佐々木と共にスイーツをシェアする喜びを通して「自分らしくいられること」に向き合う姿を描く青春ドラマ。アオ役を倉悠貴、佐々木役を渡辺佑太朗、講師役を安井順平が演じる。脚本と監督は『少女邂逅』の枝優花。

崎山蒼志は、無駄と失敗を恐れ、時間に支配される主人公・角田役にキャスティング。主題歌には崎山の1stアルバム『いつかみた国』の収録曲“塔と海”が起用される。

崎山蒼志のコメント

初ドラマにて初演技をしました…!拙い私にドラマの出演者の皆さん、スタッフの皆さんや監督がとても優しくて感謝感謝の中、非常に貴重な経験ができました。私が演じた役である角田くんに自分自身共感する部分も多かったため、緊張感を持ちながらも楽しく演技できた気がします。1月14日、よろしくお願いします…!

枝優花監督のコメント

4年ほど前、友人から「すごい中学生がいる」と教えてもらい、そこから密かにyoutubeで追っていました。
個人的には、満を持してという想いです。普段とは違う、崎山蒼志の魅力を作品に込められたと思います。是非ご覧になっていただきたいです。

『スイーツ食って何が悪い!』 ©ソニー・ミュージックエンタテインメント©2020「スイーツ食って何が悪い!」
『スイーツ食って何が悪い!』 ©ソニー・ミュージックエンタテインメント©2020「スイーツ食って何が悪い!」
『スイーツ食って何が悪い!』 ©ソニー・ミュージックエンタテインメント©2020「スイーツ食って何が悪い!」
『スイーツ食って何が悪い!』 ©ソニー・ミュージックエンタテインメント©2020「スイーツ食って何が悪い!」
『スイーツ食って何が悪い!』 ©ソニー・ミュージックエンタテインメント©2020「スイーツ食って何が悪い!」
『スイーツ食って何が悪い!』 ©ソニー・ミュージックエンタテインメント©2020「スイーツ食って何が悪い!」
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」