ニュース

『死神遣いの事件帖』に鈴木絢音ら出演 特報&キャラクタービジュアル公開

『死神遣いの事件帖』 ©2020 toei-movie-st
『死神遣いの事件帖』 ©2020 toei-movie-st

『死神遣いの事件帖』映画版の全出演者と特報映像、キャラクタービジュアルが公開。あわせて舞台版の追加出演者が発表された。

『死神遣いの事件帖』は、東映と東映ビデオが立ち上げた映画と舞台の連動プロジェクト『東映ムビ×ステ』の第2弾。初夏公開の映画版は江戸の吉原の大遊廓で起きた「遊女連続殺人事件」を探偵業を営む久坂幻士郎が解決していく様を描く。映画版の物語を引き継ぎ、夏に上演される舞台版のあらすじは、吉原遊廓の惣名主を父に持つ侠客のリーダー庄司新之助と、死神・十蘭が「大暴れ」するというものだ。豊臣家に仕えた高名な傀儡子の息子で「死神遣い」の幻士郎役に鈴木拡樹、幻士郎と契約関係にある死神・十蘭役に安井謙太郎、新之助役に崎山つばさがキャスティング。

映画版への出演が明らかになったのは吉原遊郭の惣名主の娘・お藤役を演じる鈴木絢音(乃木坂46)をはじめ、押田岳、松浦司、松本寛也、北川尚弥、高田里穂、萩野崇、陳内将、山口馬木也、堀内正美、高田聖子。陳内将、松浦司、松本寛也、北川尚弥は舞台版にも出演する。配役などの詳細は後日発表。

特報では「江戸に誕生“新ヒーロー”探偵は“死神遣い”!?」というコピーが使用されているほか、十蘭、新之助、お藤の姿、幻士郎が「調査を、開始します」と微笑む様子などが映し出されている。

鈴木絢音(乃木坂46)のコメント

お藤役、乃木坂46 鈴木絢音です。映画と舞台の連動プロジェクト、私は映画に出演させていただきます。時代劇に死神や探偵といった要素が加わっているので、幅広い世代の方に楽しんでいただける映画になっていると思います。
映画の完成、そして続きを舞台編で観劇できることが、今から楽しみです。

『死神遣いの事件帖』 ©2020 toei-movie-st
『死神遣いの事件帖』 ©2020 toei-movie-st
『死神遣いの事件帖』ロゴ ©2020 toei-movie-st
『死神遣いの事件帖』ロゴ ©2020 toei-movie-st
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー