英で反差別を訴えた「RAR」に迫る 音楽記録映画『白い暴動』4月公開

ドキュメンタリー映画『白い暴動』が4月3日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開される。

『BFIロンドン映画祭2019』最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した同作の舞台は、「英国病」と呼ばれるほどの経済破綻状態にあり、市民の不安と不満が移民たちへ転嫁されていた1970年代のイギリス。レッド・ソーンダズを中心に発足した「RAR」こと「Rock Against Racism」が差別への反発や不平等への反抗を主張し、抗議活動を始める姿をはじめ、彼らのメッセージがThe Clash、トム・ロビンソン、STEEL PULSEらの音楽と結びついて支持されていく様、1978年4月30日に発生した約10万人によるデモ行進と終着地での音楽イベントの模様などが映し出される。原題は『WHITE RIOT』。

本編にはレッド・ソーンダズ、ロジャー・ハドル、ケイト・ウェブ、The Clash、トム・ロビンソン、Sham 69、STEEL PULSEらが登場。字幕監修はピーター・バラカンが担当した。監督は『白い暴動』で長編映画デビューを果たしたルビカ・シャー。アジア系移民の家庭に生まれたルビカ・シャー監督は、両親が直面した人種差別について聞き、興味を抱いたことで同作の製作を決意したという。

発表とあわせてティザーチラシビジュアルが公開。「RAR」のメンバーでもあったシド・シェルトンが撮影した写真を使用しており、約10万人の観客を前に“WHITE RIOT”を演奏するThe Clashの姿が写し出されている。

ピーター・バラカンのコメント

移民差別に対して当事者意識を持った個人が集まったこの話は40年前ですが、まさに現在世界各地で起きていることへの示唆に富んでいます。今後の日本にとっても決して他人事ではありません。音楽の力で人の心をいい方向に動かしたいい例です。

作品情報

『白い暴動』

2020年4月3日(金)からヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開
監督:ルビカ・シャー 出演: レッド・ソーンダズ ロジャー・ハドル ケイト・ウェブ The Clash トム・ロビンソン Sham 69 STEEL PULSE ほか 上映時間:84分 配給:ツイン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 英で反差別を訴えた「RAR」に迫る 音楽記録映画『白い暴動』4月公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて