Sexy Zone『AERA』表紙に初登場、デビュー9年目の決意語る 撮影は蜷川実花

Sexy Zoneが表紙を飾る『AERA 2020年2月17日号』が本日2月10日に刊行された。

デビュー9年目を迎えたSexy Zoneが同誌の表紙に登場するのは今回が初。インタビューでは最新アルバムに込めた思いや、それぞれのチャレンジ、Sexy Zoneの武器、グループの変化、チームワークについて語られているほか、蜷川実花が撮影したメンバー4人のショットおよび中島健人、菊池風磨、佐藤勝利、マリウス葉のソロショットが掲載される。中島健人は「蜷川(実花)さんに撮ってもらうのは夢でした」とコメント。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • Sexy Zone『AERA』表紙に初登場、デビュー9年目の決意語る 撮影は蜷川実花

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて