山崎賢人と松岡茉優が共演、又吉直樹原作『劇場』本予告編 井口理らの姿も

映画『劇場』の本予告編が公開された。

4月17日から公開される同作は、又吉直樹の同名小説を映画化するもの。劇作家を目指す主人公の永田と、彼を必死に支えようとする沙希の7年間の恋を描く。永田役に山崎賢人、沙希役に松岡茉優がキャスティング。音楽を曽我部恵一、監督を行定勲が務めた。

「夢を叶えることが、君を幸せにすることだと思ってた――」というナレーションから始まる予告編には、永田と沙希の「沙希ちゃんいなかったら、マジでやばかったよ」「本当に今までよく生きてこれたね」という言葉、2人がベッドの上で横たわる姿、寛一郎演じる野原が「お前さあ、自分のこと才能があるって思う?」と口にする様子、「私、一番すごいってわかってるから」と語りかける沙希に永田が「そんなわけねえだろ!」と声を荒げる場面、沙希が泣きながら「永田君、ごめんね」と呟くシーンなどが映し出されている。「おろか」の元団員・青山役の伊藤沙莉、劇団「まだ死んでないよ」を主宰する小峰役の井口理(King Gnu)、劇団「まだ死んでないよ」の団員で沙希のバイト先の仲間である田所役の浅香航大らの姿も確認できる。

作品情報

『劇場』

2020年4月17日(金)から全国公開
監督:行定勲 原作:又吉直樹『劇場』(新潮社) 脚本:蓬莱竜太 音楽:曽我部恵一 出演: 山崎賢人 松岡茉優 寛一郎 伊藤沙莉 上川周作 大友律 井口理(King Gnu) 三浦誠己 浅香航大 配給:松竹、アニプレックス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 山崎賢人と松岡茉優が共演、又吉直樹原作『劇場』本予告編 井口理らの姿も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて