ニュース

『今日から俺は!!劇場版』新キャストに柳楽優弥、山本舞香、泉澤祐希、栄信

『今日から俺は!!劇場版』新キャスト一覧
『今日から俺は!!劇場版』新キャスト一覧

『今日から俺は!!劇場版』の詳細と新キャストが発表された。

7月17日に公開される同作は、2018年に日本テレビ系で放送された西森博之原作のドラマ『今日から俺は!!』の劇場版。ドラマ版に引き続き、主人公の三橋役の賀来賢人、三橋の相棒・伊藤役の伊藤健太郎をはじめ、清野菜名、橋本環奈らが続投する。監督はドラマ版の脚本と演出を手掛けた福田雄一。

劇場版で描かれるのは「北根壊編」。かつて三橋と伊藤が死闘を繰り広げた「不良の巣窟」こと開久高校の一角を隣町の北根壊高校が間借りすることになるが、北根壊高校の番長・柳鋭次と大嶽重弘が開久高校の生徒に対して妙な商売を始めるというあらすじだ。

出演が明らかになったのは、柳楽優弥、山本舞香、泉澤祐希、栄信。柳楽優弥は三橋と伊藤の前に立ちはだかる「狂暴・残虐・狡猾」な北根壊高校の番長・柳鋭次役、山本舞香はとある理由で三橋らを付け狙うことになるスケバン・森川涼子役、泉澤祐希は涼子のいとこで開久高校の生徒である森川悟役、800人強の俳優が参加したオーディションで選ばれた栄信は柳の相棒の大嶽重弘役をそれぞれ演じる。

解禁されたビジュアルには、長髪でナイフをくわえる柳楽優弥、紫色の特攻服を羽織った山本舞香、頭を抱える泉澤祐希、こちらを振り向く栄信らの姿が写し出されている。YouTubeでは新キャスト発表にあわせて動画が公開。

柳楽優弥のコメント

今回は、最も卑劣な三橋の敵“柳鋭次”役として参加させていただきました。実は、「今日俺」のドラマ3話に少しだけ出演させていただいていたので、「今日俺」への出演は2回目になります。ドラマで出演した雰囲気とはガラッと変わって、卑劣な柳としてシリアスなシーンを演じることが多かったので、その部分でも、楽しんでいただけるのではないかと思っています。最後の全員で入り乱れるド派手なアクションシーンがカッコいいのはもちろん、僕の演じる柳のロン毛がアクションの激しさで乱れるところも見所です!ドラマを上回る激しいアクションシーンや面白さが詰め込まれた作品になったと思いますので、ぜひ劇場でご覧ください。

山本舞香のコメント

福田監督の作品は、“とにかく面白い!”というイメージだったので、私はどんな役で出演するのだろうとドキドキしていたのですが、面白パートより真剣パートでの演技が多かったので、安心しました(笑)。元々あるチームに入るプレッシャーはありましたが、撮影現場のスタッフの皆さんもずっと笑顔の明るい現場だったので、居心地がよく、楽しかったです。賀来さんと仲野さんと一緒にお芝居をしているシーンは面白すぎて、笑ってしまっているのではないかと不安ですが、一生懸命お芝居をさせていただきました。お楽しみに!

泉澤祐希のコメント

「今日から俺は!!」のドラマを全部見ていたくらい、本作の大ファンでした!!また、ずっと福田監督の作品に出たいと思っていたので、大好きな作品に出演することが叶い、とても嬉しかったです。僕が演じる森川悟は、いたぶられているシーンが多めですが、本作は、本当に最高なエンターテイメント作品になっているかと思います。ぜひ劇場で観ていただきたいです!

栄信のコメント

大嶽の役に決まったと聞いた時は、オーディションに落ちたと思っていたのでとても驚きました!現場は、ドラマから出演されているレギュラーメンバーの皆さんが、新しく入った僕らを優しく受け止めてくださったので、とても居心地がよかったです。「今日俺」のドラマを見ていたので、その中に自分も入って演じさせていただくことが出来、とても嬉しいです。新しい風としてアクションも笑いもスケールアップさせていますので、ぜひ劇場に足を運んで下さい!

賀来賢人のコメント

同い年でもある柳楽くんとずっと一緒にやりたいと言っていたので、今回“北根壊編”で共演出来るのが嬉しかったです。また、新キャストの皆さんが本当に素敵な方ばかりで、一見入りづらそうに見えるドラマチームにすっと入ってきて下さり、ドラマ版には無かった新しいエキスを入れてくださったので、さらに面白い作品になっているのではないかと思っています。特にラストのアクションシーンがとてもかっこよく、劇場版ならではのスケールアップをしていますので、ぜひ色々な世代の方に劇場で楽しんでいただきたいです!

高明希プロデューサーのコメント

今回、今日俺を映画化するにあたり、福田監督が「柳役はぜったい柳楽君がいい!」と、連ドラでゲスト出演した役とは別人としてオファーし、念願叶いました。柳楽さんの存在があったからこそ成立した「北根壊編」です。そして、柳の相棒・大嶽役を射止めた栄信さんは、名立たる俳優も参加していた800人を超えるオーディションを勝ち抜き、福田監督に最終審査で「大嶽は彼しかいない」と言わせた逸材です。
さらに、ずっとお仕事したかった泉澤祐希さん、山本舞香さんも加わり、「神キャスト」と言われた連ドラに続き、映画でも最高のキャスティングが実現しました。連ドラ主要メンバーも全員揃い踏みで、この夏、間違いなく連ドラ以上に面白い映画が出来上がると思います。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開