佐藤大樹が感情を爆発『小説の神様』特別映像 橋本環奈と「接近」写真も

5月22日公開の映画『小説の神様 君としか描けない物語』のウェブ限定特別映像、場面写真が到着した。

相沢沙呼の小説『小説の神様』をもとにした同作は、2人の高校生小説家の物語を描いた作品。売れないナイーブな小説家・千谷一也と、ヒット作を連発する小余綾詩凪は、編集者から小説の共作を依頼され、反発しあいながらも2人で物語を創作していくが、やがて一也が詩凪の大きな秘密を知ってしまうというあらすじだ。千谷一也役に佐藤大樹(EXILE、FANTASTICS from EXILE TRIBE)、小余綾詩凪役に橋本環奈がキャスティング。

伶が歌う挿入歌“こんな世界にしたのは誰だ”が初披露される特別映像では、ある出来事を受けて雨に打たれ帰宅した一也が感情を爆発させるシーンや、一也が詩凪から「すね蹴り攻撃」をされたり、ぬいぐるみを投げつけられたりする場面などが確認できるほか、場面写真には、一也の自宅で詩凪と共作に励む様子や、下校シーン、佐藤流司演じる文芸部部長・九ノ里正樹が一也に語りかける場面などが写し出されている。

作品情報

『小説の神様 君としか描けない物語』

2020年5月22日(金)から全国公開
監督:久保茂昭 脚本:鎌田哲生 原作:相沢沙呼『小説の神様』(講談社タイガ) 音楽:中野雄太 主題歌:伶“Call Me Sick” 挿入歌:伶“こんな世界にしたのは誰だ” 出演: 佐藤大樹(EXILE、FANTASTICS from EXILE TRIBE) 橋本環奈 佐藤流司 柴田杏花 莉子 坂口涼太郎 山本未來 片岡愛之助 和久井映見 配給:松竹
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 佐藤大樹が感情を爆発『小説の神様』特別映像 橋本環奈と「接近」写真も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて