松岡茉優が飛行場を猛ダッシュ、大泉洋主演の映画『騙し絵の牙』場面写真

吉田大八監督の映画『騙し絵の牙』の場面写真が公開された。

塩田武士の同名小説をもとにした『騙し絵の牙』は、大手出版社・薫風社の次期社長を巡る権力争いを描いた作品。薫風社のカルチャー雑誌『トリニティ』の編集長・速水輝は、大改革を進める専務・東松に無理難題を押し付けられて窮地に立たされるが、新人編集者の高野恵を巻き込み、生き残りを賭けた大逆転の奇策に打って出るというあらすじだ。速水輝役を大泉洋、『小説薫風』新人編集者の高野恵役を松岡茉優、次期社長候補の専務・東松役を佐藤浩市が演じる。公開日は6月19日。

場面写真には、高野が『トリニティ』を手に飛行場を疾走する様子や、速水と木村佳乃演じる『小説薫風』編集長の江波百合子が國村隼演じる大御所小説家の二階堂を挟んで見つめ合うシーン、前を見据える東松に速水が視線を向ける場面などが写し出されている。

作品情報

『騙し絵の牙』

2020年6月19日(金)から全国公開
監督:吉田大八 脚本:楠野一郎、吉田大八 原作:塩田武士『騙し絵の牙』(KADOKAWA) 出演: 大泉洋 松岡茉優 宮沢氷魚 池田エライザ 斎藤工 中村倫也 坪倉由幸 和田聰宏 石橋けい 森優作 後藤剛範 中野英樹 赤間麻里子 山本學 佐野史郎 リリー・フランキー 塚本晋也 國村隼 木村佳乃 小林聡美 佐藤浩市 配給:松竹
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 松岡茉優が飛行場を猛ダッシュ、大泉洋主演の映画『騙し絵の牙』場面写真

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて