ニュース

雑誌『広告』最新号テーマは「著作」 1/10価格の「セルフ海賊版」も販売

雑誌『広告 vol.414』が本日3月26日に刊行された。

同号の特集のテーマは「著作」。「パクリ」問題や違法コンテンツ配信問題の勃発など、インターネット登場以降にものづくりを取り巻く環境が激変する中、改めてオリジナリティーや作家性、著作物の保護や利用のあり方など、「著作」についての様々な視点を投げかけるという。監修は法律家の水野祐が担当。問題提起の一環として、2,000円の「オリジナル版」と、オリジナル版をコピーして制作された「セルフ海賊版」ともいえる200円の「コピー版」の2種類を用意し、執筆者や取材先と協議した上で記事ごとにクリエイティブコモンズライセンス付与するという。

同号にはいしわたり淳治と『広告』編集長の小野直紀の対談記事「著作とオリジナリティ」や、島田雅彦、春風亭一之輔、玉井健二(agehasprings)、パクリ文化研究家・艾君のインタビュー、水野祐、深津貴之(THE GUILD)、小野直紀による鼎談を収録した「これからの著作権」に加え、原田裕規が自身の作品『One Million Seeings』を再構築したコラボレーション企画を掲載。このほか、安藤和宏、荒川祐二(NexTone)、海老澤美幸、岡田秀則、ゴッティンガム、陳暁夏代、野村正昭らも登場する。

『広告 vol.414』オリジナル版表紙 ©Gottingham
『広告 vol.414』オリジナル版表紙 ©Gottingham
『広告 vol.414』コピー版表紙 ©Gottingham
『広告 vol.414』コピー版表紙 ©Gottingham
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開