『攻殻機動隊 SAC_2045』×『ULTRAMAN』コラボビジュアル&PV公開

3DCGアニメーション作品『攻殻機動隊 SAC_2045』とアニメ『ULTRAMAN』のコラボレーションビジュアルとPVが公開された。

4月23日からNetflixで配信される『攻殻機動隊 SAC_2045』は、『攻殻機動隊』シリーズの最新作。経済災害「全世界同時デフォルト」の発生とAIの進化によって「サスティナブル・ウォー」に突入した2045年を舞台に、全身義体のサイボーグ草薙素子らの「全く新しい物語」が描かれる。草薙素子役に田中敦子、バトー役に大塚明夫、トグサ役に山寺宏一がキャスティング。オープニングテーマはmillennium parade×ghost in the shell: SAC_2045の“Fly with me”。

4月12日からTOKYO MXで放送されているアニメ『ULTRAMAN』は、『攻殻機動隊 SAC_2045』と同じく、監督を神山健治と荒牧伸志が務め、音楽を戸田信子と陣内一真、制作をProduction I.GとSOLA DIGITAL ARTSが担当。SOLA DIGITAL ARTSが制作したコラボレーションビジュアルには草薙素子とULTRAMANの姿が写し出されている。

発表とあわせて、脚本を手掛けたスタッフに加えて、新キャラクターとキャスト、モーションアクターも公開。脚本にはシリーズ構成を務める神山健治のほか、アニメ『ULTRAMAN』の脚本を手掛けた檜垣亮、砂山蔵澄、土城温美、『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズに参加した佐藤大らが名を連ねる。

新たに登場するキャラクターは、草薙たちの前に現れる謎のエージェントのジョン・スミス役と、日本初の元アメリカ国籍の総理である久利須・大友・帝都。ジョン・スミス役を曽世海司、久利須・大友・帝都役を喜山茂雄が演じている。

またモーションアクターは、草薙素子を川渕かおり、荒巻大輔とイシカワを曽世海司、バトーを笠原紳司、トグサを岡田地平、サイトーを武井秀哲、江崎プリンを山城屋理紗がそれぞ

れ担当している。

作品情報

『攻殻機動隊 SAC_2045』

2020年4月23日(木)からNetflixで配信
監督:神山健治×荒牧伸志 脚本:神山健治、檜垣亮、砂山蔵澄、土城温美、佐藤大、大東大介 原作:士郎正宗『攻殻機動隊』(講談社KCデラックス) 音楽:戸田信子×陣内一真 制作:Production I.G×SOLA DIGITAL ARTS オープニングテーマ:millennium parade×ghost in the shell: SAC_2045“Fly with me” エンディングテーマ:Mili“sustain++;” 出演: 田中敦子 阪脩 大塚明夫 山寺宏一 仲野裕 大川透 小野塚貴志 山口太郎 玉川砂記子 潘めぐみ 津田健次郎 曽世海司 喜山茂雄
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『攻殻機動隊 SAC_2045』×『ULTRAMAN』コラボビジュアル&PV公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて