香川照之、初の自然教育絵本『ホタルのアダムとほしぞらパーティー』刊行

香川照之の自然教育絵本『ホタルのアダムとほしぞらパーティー』が本日4月23日に刊行された。

昆虫マニアとして知られ、自ら「カマキリ先生」に扮した昆虫番組『香川照之の昆虫すごいぜ!』をNHK Eテレで放送している香川照之。初の自身の名義による自然教育絵本となる同書は、子供たちに昆虫の世界の多様性、自然界の豊かな姿を伝えることを目的とした『INSECT LAND』シリーズの第1作目。事あるごとにおなかが光ってしまうというコンプレックスを持つ主人公のホタル・アダムが、仲間との関わりで自分の個性に気づくというあらすじだ。イラスト原画はロマン・トマによる水彩画。暗いところで光る蓄光ページ入り。

YouTubeでは香川照之による読み聞かせ動画が公開中。なお『INSECT LAND』シリーズは、3か月ごとに新たな絵本を発表していく予定とのこと。

書籍情報

『ホタルのアダムとほしぞらパーティー』

2020年4月23日(木)発売 作:香川照之 絵:ロマン・トマ 価格:1,300円(税抜) 発行:講談社

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 香川照之、初の自然教育絵本『ホタルのアダムとほしぞらパーティー』刊行

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて