「At Home With Apple Music」ビデオシリーズに川谷絵音、BIMら登場

Apple Musicの特集ページ「At Home With Apple Music ~うちで過ごそう~」がスタートした。

Apple Musicは新型コロナウイルスの感染拡大抑制のために「At Home With Apple Music ~うちで過ごそう~」を始動。日本人アーティストにフィーチャーしたセルフショットの新ビデオシリーズとなる。

第1弾では、川谷絵音、kZm、きゃりーぱみゅぱみゅ、Creepy Nuts、BIM、緑黄色社会が参加。ゲーム、音楽鑑賞、料理、トレーニング、ペットなど、それぞれが自宅でどのように過ごしているのかをセルフショットビデオで語っている。このビデオシリーズは第2弾、第3弾も公開予定。そのほか同特集ページでは、家の中でモチベーションや集中力、体と心の健康を保つための様々なコンテンツを公開している。

Beats 1のDJであるゼイン・ロウらが送るグループFaceTimeには、デュア・リパ、CHVRCHES、CHARLI XCX、チャーリー・プース、SKRILLEX、FKA Twigs、P!nk、Marshmello、FINNEAS、Diploらが出演。「アーティスト選曲プレイリスト」では、Beastie Boys、サム・スミス、THE 1975、Usher、ハリー・スタイルズ、エルトン・ジョン、5 Seconds of Summerらが自ら選曲したプレイリストが公開されている。

  • HOME
  • Music
  • 「At Home With Apple Music」ビデオシリーズに川谷絵音、BIMら登場

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて