ニュース

カツセマサヒコの初小説『明け方の若者たち』6月刊行 安達祐実らが応援

『明け方の若者たち』ティザービジュアル
『明け方の若者たち』ティザービジュアル

カツセマサヒコの小説『明け方の若者たち』が6月11日に刊行される。

1986年生まれのカツセマサヒコは東京出身のウェブライター、編集者。大学を卒業後、2009年から一般企業に勤務した。趣味で書いていたブログをきっかけに編集プロダクションに転職し、2017年に独立。

カツセマサヒコにとって初の小説となる同書は「私と飲んだ方が、楽しいかもよ笑?」の16文字から始まる「沼のような5年間」を描いた青春譚。発表とあわせて安達祐実、尾崎世界観(クリープハイプ)、村山由佳、紗倉まな、今泉力哉、ヴィレッジヴァンガード下北沢店の長谷川朗のコメントが公開された。今後、カツセの公式Twitterアカウントなどで書影の発表や詳細を順次発表予定だ。

カツセマサヒコのコメント

描いていたはずの未来とは全く異なる場所にいる自分に絶望しながら、それでも足掻こうとしていた“あの頃”を書きました。何者にもなれないもどかしさや、泥沼のような恋を経験した人たちの傷や記憶に、少しでも触れられたら幸いです。

安達祐実のコメント

ドキドキする。好きな人を想うときみたいに。

村山由佳のコメント

痛くて愛おしいのは、これがあなたの物語だからだ。カツセの魔法は長編でも健在。

尾崎世界観(クリープハイプ)のコメント

どうしても下北沢に馴染めなくて、逃げるように乗った井の頭線。通り過ぎた明大前のしみったれたお前。お前にあの頃出会いたかった。

紗倉まなのコメント

ひたむきに生きるとは、こういうことなのだと思う。

今泉力哉のコメント

人にフラれて絶望するという経験をせずに死んでいくのか、俺は。と絶望したし嫉妬した。

長谷川朗のコメント

「こんなはずじゃなかった」未来を生きている大人は共感しかない。
甘い恋愛小説と思って読んで後悔した。

『明け方の若者たち』コメントビジュアル
『明け方の若者たち』コメントビジュアル
カツセマサヒコ
カツセマサヒコ
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開