三鷹SCOOLの救済コンピに七里圭、滝沢朋恵、MARK、グルパリら16組

コンピレーションアルバム『Play For SCOOL』がリリースされる。

吾妻橋ダンスクロッシングとHEADZが共同でプロデュースしている、東京・三鷹のスペース・SCOOL。全16曲が収録された『Play For SCOOL』は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、厳しい運営状態が続いているというSCOOLの救済を目的として、田中淳一郎(のっぽのグーニー、ju sei)、コルネリ、土屋光(SCOOL)が中心となって制作した。

参加アーティストは神村恵、服部峻、鈴木健太、yukifurukawa、七里圭、ダニエル・クオン、滝沢朋恵、MARK、Sawawo、土屋光、のっぽのグーニー feat. Sei、BELLE BOUTIQUE(荒木優光)、グルパリ、ジョンのサン、コルネリ、よだまりえ。収録曲はほぼ録り下ろしの新作音源となる。

『Play For SCOOL』はBandcampで配信されるほか、CD-Rでも販売。

リリース情報

V.A.
『Play For SCOOL』

1. 待機 / 神村恵 2. 学校の外の世界 / 服部峻 3. ねざめ / 鈴木健太 4. きっと / yukifurukawa 5. Paris,Berlin / 七里圭 6. radio freebies / ダニエル・クオン 7. ノーアンサーソング / 滝沢朋恵 8. Dear マティス / MARK 9. コミック / Sawawo 10. Amplifying SCOOL / 土屋光 11. のっぽのグーニー feat. Sei 12. PATTERN - CARDBOARDBOX(excerpt) / BELLE BOUTIQUE(荒木優光) 13. macaroni salad / グルパリ 14. 細まりフォーエバー / ジョンのサン 15. 空色の歯ぶらし / コルネリ 16. 綺麗なものを見たの / よだまりえ
  • HOME
  • Music
  • 三鷹SCOOLの救済コンピに七里圭、滝沢朋恵、MARK、グルパリら16組

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて